Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ホモ・エコノミクス

ブランド用語集

ホモ・エコノミクス
ホモ・エコノミクスとは、自己の経済利益を極大化させることを唯一の行動基準として行動する人間の類型のことをいう。経済人

出典:(株)トライベック・ブランド戦略研究所
(C) 2018 Tribeck Brand Strategies,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほもえこのみくす【ホモ・エコノミクス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ホモ・エコノミクス
homo economicus; economic man
経済人とも訳され,人間類型の一つを意味する。経済的合理性に徹し,自己の効用利得の極大化を目指し,他者の効用,利得を考慮に入れることがない。古典派,新古典派の別なく,標準的な経済理論でもっぱら採用されてきた仮設,あるいは公準。たとえば消費者行動の理論では,消費者は自己の効用と価格体系,それに所得水準のみをシグナルとして行動するとされており,他者の効用水準は考慮されていない。これに対して F.リストらに始るドイツの歴史派経済学は,そのような人間のとらえ方を批判したが,古典派が想定したのはあくまで方法論的仮設としてであり,現実の人間をそのように思考したわけではない。経済学におけるホモ・エコノミクスの方法論的性格は J.S.ミルによりはっきり自覚的に論じられるようになる。また経済的合理性に徹するとは,ただちに日本語でいう利己心に徹することと同義ではなく,A.マーシャルになると,この点もより配慮したうえで経済学の方法が論じられている。方法論的仮設としてのこの概念は,今日でもかなり用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ホモ・エコノミクス
ほもえこのみくす

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホモ・エコノミクス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホモ・エコノミクスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.