Rakuten infoseek

辞書

ホップ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ホップ
Humulus lupulus; hop
クワ科の多年生のつる草で,セイヨウカラハナソウともいう。ヨーロッパ原産で,ビール苦みと芳香をつけるのに用いるため,世界中で栽培されている。日本でも明治初期に初めて栽培されて以来,現在ではビールの需要の増加に伴い本州中北部 (長野,山梨,福島,山形) や北海道などの冷涼地で栽培されている。地上部は冬に枯れる。雌雄異株で,植物体全体にとげのような粗毛がある。葉は卵形ないし卵円形掌状に3~5裂し,あらい鋸歯があって,長い柄で対生する。夏の終り頃に,淡黄色の花が咲く。雄花は茎の先端や葉腋円錐花序をなして多数つき,雌花は長楕円形ないし卵形の松かさ状で葉腋に集ってつく。包葉や子房には黄色の腺点があり,これを火で乾燥してホップとして用いる。果実は痩果で鱗包がある。日本にはホップと同一種の変種とされるカラハナソウH. lupulus var. cordifoliusが北海道や本州の山地に自生する。同じ属のカナムグラH. japonicusは日本では雑草とされているが,欧米では日よけがわりに栽培される。ホップはビールの苦み料のほかに,健胃,鎮静,利尿剤として薬用にもされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

ホップ
アサ科の多年生植物。ビールの原料の一つ。寒冷地が栽培に適当とされ、県内は峡北地域などで栽培が盛んだった。県によると最盛期は1950年代ごろで、県内の作付面積は約50ヘクタールだったという。
(2011-10-13 朝日新聞 朝刊 山梨全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ホップ(〈オランダ〉hop)
クワ科の蔓性(つるせい)の多年草。葉は卵形で3~5裂し、長い柄で対生する。雌雄異株で、夏に開花。雌花は淡緑色(ほう)に包まれ、多数集まって松かさ状に垂れる。苞の基部に分泌腺をもち、これに苦味があり、健胃剤やビールに利用。ヨーロッパに分布し、日本へは明治時代に導入。 秋》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホップ(hop)
[名](スル)
跳ぶこと。はねること。
三段跳びの第一段目の跳躍。
野球で、投手の投げた球が打者の手もとで浮上すること。「内角高めにホップする」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

ホップ
クワ科に属する蔓(つる)性植物。ビールに苦みや爽快な香りを与える。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

栄養・生化学辞典

ホップ
 [Humulus lupulus].イラクサ目アサ科ホップ属のつる性植物.雌花をとり,ビールに香りや苦味を与える目的で使う.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ホップ【hop】
雌花をビール醸造に利用するために栽培するクワ科の多年草(イラスト)。原産地は西アジアとされるが,野生種は北半球のやや冷涼な温帯に広く分布し,日本ではカラハナソウvar.cordifolius Maxim.が中部地方以北の山地に自生している。茎はつる性で,春に地下茎から伸び出し,夏には6~8mになる。葉は先のとがった卵形で,普通掌状に3~5裂するが変異が多い。雌雄異株で,栽培されるのは雌株だけである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ホップ【Heinz Hopf】
1894‐1971
スイスの数学者。ドイツのブレスラウ(現,ポーランドブロツワフ)に生まれた。第1次世界大戦中ドイツ軍に服務した後,ベルリンハイデルベルクゲッティンゲンの各大学で学んだ。1931年にH.ワイルを継いでチューリヒ工科大学教授となり,65年の退官までとどまった。ホモロジーホモトピーに関して基礎的な業績をあげ,代数的位相幾何学の発展に大きな貢献をした。また,リーマン空間の微分幾何学的構造と位相的構造の関連を研究し,大域的微分幾何学を開拓した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ホップ【hop】
( 名 ) スル
跳ぶこと。跳ねること。
三段跳びで第一段目の跳躍。 「 -、ステップ、ジャンプ」
投げた球などが途中で浮き上がること。 「手もとで-する球」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホップ【hop】
クワ科のつる性多年草。ヨーロッパ原産。温帯各地で栽培。雌雄異株。雌花穂は多数の苞が重なり松かさ状。雌花穂が成熟するにつれ、苞のつけ根に粘り気のある黄粉状の腺体(ホップ腺)がつく。これには苦みと芳香があり、ビールに用いる。忽布。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ホップ
ほっぷ
hop
[学]Humulus lupulus L.
クワ科の多年生つる草。茎は他物に絡まって十数メートルに伸び、葉は深く3または5裂して葉身、葉柄ともに約10センチメートル。茎、葉ともに毛を密生する。雌雄異株で、花は夏に葉腋(ようえき)につく。雄花は淡緑色で、円錐(えんすい)花序に多くつき小さく、5弁で、雄しべは5本。雌花は長さ約3センチメートル、楕円(だえん)形の松かさ形の花穂となり、淡緑色で長い柄で垂れ下がる。各花は鱗(うろこ)状の包葉に包まれ、各包葉の基部に、多数の黄色で微小なホップ腺(せん)とよぶ分泌器官がある。包鱗(ほうりん)ごとに小さい2個の痩果(そうか)が秋に結実するが、栽培上は雌株のみを植えるので、結実することはない。
 ヨーロッパ、西アジア地域原産で、ヨーロッパでビールの発達とともに、その付香料として栽培が広まった。日本へは1876年(明治9)にアメリカやドイツから北海道に導入された。若い未受精の雌穂のホップ腺からは、ビール特有の苦味成分となるフムロン、ルプロンなどが分泌され、それらはまたビールに香りをつけたり、ビールを清澄させる効果ももつ。雌穂を摘み集め、火力で乾燥して保存する。この乾燥ホップは現在大部分はヨーロッパその他から輸入されているが、国内でも北海道、山形、岩手、長野県などで、ビール会社との契約栽培で生産されている。
 なおホップの雌穂には野生の酵母菌が多く繁殖するので、これをパン用酵母などに用いられる。
 ホップ畑は寒冷な山間地などにつくられ、鉄柱や鉄線を設置して、春に芽生えたつるを絡ませ、夏につるごと切って引き下ろし、雌穂を摘み取る。残株には施肥し、根の肥培に努めて、翌年の生産量の増大維持を図る。[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ホップ
〘名〙 ⇒ホブ

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホップ
〘名〙 (hop) クワ科のつる性多年草。アジア・ヨーロッパの温帯に広く分布し、ビール製造のため栽培される。日本には明治の初め移入、現在、北海道・長野県・山梨県で栽培されている。茎は他物に巻きつき、長さ六~一二メートルになる。葉は対生し、掌状に三~七裂し縁は鋭い歯牙状。雌雄異株。雄花は淡黄緑色で円錐花序に、雌花は緑色で球果状円錐花序に夏咲く。未受精の雌穂はビールに芳香と苦味をつけるのに用いたり健胃薬に用いたりする。忽布はあて字。《・秋》 〔遠西医方名物考(1822)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホップ
〘名〙 (hop)
① 片足で跳(と)ぶこと。特に三段跳びの第一段、また、その跳び方。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉森井コンツェルン「獰猛な登山靴を穿いて、ホップする度に対手(あいて)に砂をはね飛ばしてゐるのは」
② 野球で、投手の打者に投げた球が打者の手もとにきて浮き上がること。また、その球。
※一刀斎は背番号6(1955)〈五味康祐〉四「ホップする直球」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホップ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホップの関連情報

他サービスで検索

「ホップ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.