Rakuten infoseek

辞書

ホザキノフサモ【ほざきのふさも】

世界大百科事典 第2版

ほざきのふさも【ホザキノフサモ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ホザキノフサモ
ほざきのふさも / 穂咲房藻
[学]Myriophyllum spicatum L.
アリノトウグサ科(APG分類:アリノトウグサ科)の水生多年草。キンギョモ金魚藻)ともいう。茎は長く伸びて分枝する。葉は4枚ずつ輪生し、長さ2~3.5センチメートル、羽状に細裂する。5~10月、長さ3~8センチメートルの穂状花序を水上に出し、各節に花を4個開く。雄花は花序の上部につき、花弁は4枚、雄しべは8本、葯(やく)は1.5ミリメートルで黄色く、花糸は糸状。雌花は花序の下部につき、花弁は4枚、子房は下位で萼筒(がくとう)は鐘形。果実はほぼ球形で長さ2.5ミリメートル、4分果に分かれる。池沼に生え、北海道から九州、および北半球に広く分布する。全体がフサモによく似ているが、フサモは、花が葉腋(ようえき)につくので区別される。名は、水上に穂状花序を出して花を開くようすからいう。キンギョモはよく金魚鉢に入れるのでいうが、マツモ科(APG分類:マツモ科)のマツモやスイレン科(APG分類:ジュンサイ科)のハゴロモモも俗にキンギョモとよぶことがある。[小林純子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホザキノフサモ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホザキノフサモの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.