Rakuten infoseek

辞書

ホイッスル

デジタル大辞泉

ホイッスル(whistle)
笛。特に、競技の合図に審判の鳴らす笛。
汽笛警笛

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ホイッスル【whistle】
汽船などの警笛。
競技で、審判などが合図のために鳴らす笛。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ホイッスル
〘名〙 (whistle)
① 小型の簡単な構造のの総称。木、竹、金属、合成樹脂など材質は種々あり、縦笛型で、狭められた吹口を通る息によって鋭い音を発する。呼子笛、競技用の笛など、合図用に用いることが多い。
※NHK放送楽屋ばなし(1951)〈藤井一市〉二「レフェリーのホィッスルや、選手のかけ声などは」
汽船や機関車などの警笛。
※ガトフ・フセグダア(1928)〈岩藤雪夫〉一「BO━BO━ 出帆汽笛(ホイッスル)は港の空いっぱいに響いた」
③ ささやくこと。耳打ちすること。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一二「宮賀に何やらホヰッスル〔耳うち〕して」
④ 口笛。
※廃園(1909)〈三木露風〉『暗い扉』以下・嵐「嵐が静かに聞える。静かな嘯(ホイッスル)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホイッスル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホイッスルの関連情報

他サービスで検索

「ホイッスル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.