Rakuten infoseek

辞書

ペーソス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペーソス
パトス」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ペーソス(pathos)
もの悲しい情緒。哀愁哀感。「ペーソスの漂う人情劇」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペーソス【pathos】
そこはかとなく身にせまる悲しい情感のこと。英語の音をそのまま移した語で,同様のユーモア(諧謔)との対比を意識して用いられることが多い。〈哀愁〉〈哀感〉〈悲哀〉〈悲傷〉などとも訳される。語源はギリシア語のパトスpathosにあり,パトスとは〈何かされる〉という受身のあり方を本義として,ここから受難や被害の意を経て,激しい感情に襲われた心の情動や情念,ひいては苦悩を意味するまでになっている。同じギリシア語のエトスethos,ēthos(習慣,性格)やロゴスlogos(言葉,理性)が人間精神の能動的・理性的で持続的な側面をあらわすのに対し,パトスは受動的・感情的で一時的な状態を語ろうとし,ここに激しさも盛り込まれるのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ペーソス【pathos】
物悲しさ。哀愁。 「 -あふれる映画」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペーソス
ぺーそす
pathos
ギリシア語パトスの英語読みで、情念、悲哀、哀感の意味に用いられる。人間の心が受ける感動のことで、一時的情感なので、反復的・瀰漫(びまん)的なエートスや理性的・能動的なロゴスと対比的である。広義では苦しみ、激情、悲運などの意も含むが、一般には芸術、人生における愁哀、哀感、またそれを喚起するモチーフを表す。ユーモア、アイロニーなどとともに、文学手法上、重要な特質である。[船戸英夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ペーソス
〘名〙 (pathos) なんとなく身にせまってくるうら悲しい感じ。しんみりとした哀れさ。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「哀情(波(パ)ソス)と滑稽(璃(る)ヂクラスネッス)とは所謂華文の属性にて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペーソス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペーソスの関連情報

他サービスで検索

「ペーソス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.