Rakuten infoseek

辞書

ペントースリン酸サイクル

法則の辞典

ペントースリン酸サイクル【pentose phosphate cycle】

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ペントースリン酸サイクル
ペントースリンサンサイクル
pentose phosphate cycle

この回路に関する先駆的研究者の名をとり,ワールブルク-ディケンス(Warburg-Dickens)の回路ともいう.ヘキソース解糖反応のバイパスとみなされ,成分糖質が酸素呼吸における基質として役立つことが考えられる.反応経路を図に示す.D-グルコース6-リン酸はD-グルコン酸6-リン酸を経て,D-リブロース5-リン酸に変化し,さらにD-リボース5-リン酸およびD-キシルロース5-リン酸を生じる.後者の C1-2 部分が前者に転移して,D-セドヘプツロース7-リン酸およびD-グリセルアルデヒド3-リン酸を生じる.D-セドヘプツロース7-リン酸の C1-3 部分はD-グリセルアルデヒド3-リン酸とともにD-フルクトース6-リン酸を形成し,他方 C4-7 部分はD-キシルロース5-リン酸の C3-5 部分とともに,D-フルクトース6-リン酸を形成し,D-グルコース6-リン酸に変化して回路が完成する.この回路を6回転すると1分子のD-グルコース6-リン酸から6CO2と12NADPHが生成することになる.このNADPHは細胞中の還元的な合成反応に利用され,D-リボース5-リン酸は核酸の合成に供給される.この回路は,主として,動物では乳腺,白血球,肝臓などで見いだされる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペントースリン酸サイクル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペントースリン酸サイクルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.