Rakuten infoseek

辞書

ペンダント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペンダント
pendant
(1) イギリス後期ゴシック様式(→パーペンディキュラー様式)あるいはチューダー様式の建築において,扇形ボールト(→ボールト)の天井などから吊り下げられた石,石膏または木による装飾。ロンドンのウェストミンスター寺院の中のヘンリー7世礼拝堂のペンダントは有名。17世紀イギリスのジェームズ朝建築における階段の親柱下のゴシック的な装飾もペンダントという。
(2) 天井から下げるかたちの照明器具。
(3) 鎖やひもで首から吊り下げるメダルや装身具(→ネックレス)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ペンダント(pendant)
装身具の一。鎖やひもなどで首から胸に下げる形式の飾りもの。また、垂れ下がる形の耳飾りやブローチ。
天井や軒などから吊り下げる形の照明器具

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペンダント【pendant】
ゴシック建築で,天井から垂れ下がった形の装飾のこと。木造天井の腕木の一部が装飾化したり,石造天井のリブが複雑化して,本来アーチのように上方に迫り上がるべきであったものが下方にも伸びて出現したと考えられる。末期ゴシック建築に多く,彫刻を施して華麗に飾るものが多い。天井から懸垂する照明器具(シャンデリアなど)や吊り下げる形の装身具も,同様にペンダントと呼ぶ。【鈴木 博之】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ペンダント【pendant】
鎖やひもで吊るして首に掛ける装身具。
天井から吊り下げる照明器具。コードペンダント。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

ペンダント【pendant】
天井から吊り下げる照明器具。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ペンダント
〘名〙 (pendant)
① 装身具の一種。鎖や紐で首にかけ、胸につるす飾りもの。また、耳や腕につるす飾りもの。〔モダン辞典(1930)〕
② 照明器具の一種。屋根、天井、軒などからつるした飾り電灯など。
※抱擁(1973)〈瀬戸内晴美〉一「下っているペンダントから灯が次々と消える」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペンダント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペンダントの関連情報

他サービスで検索

「ペンダント」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.