Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ペンスリット【ぺんすりっと】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペンスリット
ぺんすりっと
penthrite

四硝酸ペンタエリスリトールpentaerythritol tetranitrateの慣用名で、PETNとも略記される固体爆薬。多くの用途のある高性能爆薬の一つで、雷管の起爆性能を向上させる添装薬、導爆線の心薬(導火線または導爆線の中央に配置され、燃焼または爆轟(ばくごう)を伝播(でんぱ)する物質)、伝爆薬などに使われている。また、ほかの爆薬や不活性物質と混合して、種々の軍用爆薬として使われている。硝酸エステルの中では、熱に対して鈍感で自然分解をおこしにくい。衝撃起爆感度が高く、威力も強大で、伝爆性がよい。爆速は比重1.7で毎秒約8300メートルである。

[吉田忠雄・伊達新吾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペンスリット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペンスリットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.