Rakuten infoseek

辞書

ペロン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペロン
Perón, Juan Domingo
[生]1895.10.8. ブエノスアイレス
[没]1974.7.1. ブエノスアイレス
アルゼンチンの軍人,政治家。 1943年6月 R.カスティジョ政権打倒のクーデターで陸軍大佐として重要な役割を果し,政界に進出。労働・福祉省長官を経て,45年副大統領兼陸相。 46年大統領。反米,国家主義的な政策をとり,陸軍,警察,労働組合,ペロン党を背景に社会正義の実現をスローガンとした独裁的政治を行い,工業,銀行,鉄道の国有化をはかり,憲法を改正。 51年に再選されたが,55年9月言論弾圧や反カトリック政策などへの不満による軍のクーデターにより追放され,スペインに亡命。その後も多くの支持者を通してアルゼンチンの政治に影響を与えていたが,72年 11月ペロン派の要望により 17年ぶりに帰国。 73年9月大統領に選出されたが任期なかばで病死した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペロン
Perón, María Estela (Isabel) Martínez de
[生]1931.2.4. ラリオハ
アルゼンチンの政治家。踊り子出身。 1956年パナマに亡命中の元大統領 J. D.ペロンの秘書となり,1961年にスペインでペロンと結婚し3番目の夫人となった。 1973年大統領としてアルゼンチンの政界に復帰した夫ペロンの副大統領となり,1974年7月にペロンが病死すると,世界最初の女性大統領として跡を継いだ。しかし国内の治安の悪化や深刻化する経済危機を防ぎきれず,1976年3月軍部のクーデターにより失脚。5年間の自宅監禁ののちスペインへ亡命。 1983年の民政復帰の際も党務に関与しなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペロン
Perron, Charles Edgar du
[生]1899.11.2. ジャワ,メースターコルネーリス
[没]1940.5.14. ノルトホラント,ベルヘン
オランダの小説家,随筆家,評論家。 1932年 M.ブラークとともに文芸誌『フォールム』 Forumを創刊した。主著,自叙伝『生れた国』 Het land van herkomst (1935) ,詩集『パルランド』 Parlando (41) ,随筆『偏狭な人間』 De Smalle mens (34) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペロン
Perón, Eva
[生]1919.5.7. ロストルドス
[没]1952.7.26. ブエノスアイレス
アルゼンチンのフアン・D.ペロン大統領の 2番目の妻。フルネーム Eva Duarte de Perón。通称エビータ。無名の女優時代を経て 1945年ペロンと結婚。1945~46年,夫が大統領選挙に出馬すると,労働者階級を親しみをこめて「デスカミサドス」(スペイン語で「シャツを着ない人々」の意)と呼んで絶大な人気を集め,当選に協力した。夫の大統領就任後は,官職にはつかなかったものの,福祉労働分野で閣僚なみの権力をふるった。労働者の大幅な賃上げを実施して労働階級層のペロン政権への支持をとりつけた一方,旧来の慈善団体に対する政府助成金を打ち切って新たにエバ・ペロン財団を設立し,上流階級層の反感を買った。財団は労働組合や企業の自発的とされる献金や国営宝くじの収益金,国庫資金といった財源をもとに運営され,数々の病院,学校,孤児院,養老院などの慈善施設を建設した。女性参政権を実現させた功績者でもあり,1949年には正義党婦人部門を結成。1951年,癌の発病にもかかわらず副大統領に指名されたが,軍の反発により辞退。死後ペロン政権への支持は衰え,敵対陣営によって遺体が盗まれるなど,政治的影響力は多大であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペロン【Juan Domingo Perón】
1895‐1974
アルゼンチンの軍人,政治家,大統領(在任1946‐55,73‐74)。ブエノス・アイレス州ロボスに生まれ,1911年ブエノス・アイレス市の陸軍学校に入学し,職業軍人の道を歩んだ。24年大尉に昇進し,26‐29年に陸軍高等学校で軍事史を修めてから軍事史家として頭角を現し,30年同校の軍事史教授になり,《1914年の世界大戦》(1931)や《軍事史に関する覚書》(1932)を著した。39‐41年に軍事研究のためにイタリアに派遣され,ムッソリーニファシズムに共鳴して帰国。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ペロン【Perón】
〔Eva P.〕 (1919~1952) アルゼンチンの政治家。通称、エビータ。ファン=ペロンの二人目の妻。結婚するまでは女優であったが、国民的人気を得、婦人参政権を実現させるなど大きな影響力をもった。
〔Isabelita P.〕 (1931~ ) アルゼンチンの政治家。ファン=ペロンの三人目の妻。夫の死去により、1974年大統領になるが、76年クーデターで失脚。
〔Juan Domingo P.〕 (1895~1974) アルゼンチンの政治家・軍人。1946年大統領となり、改革を推進。55年失脚。73年再び大統領。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ペロン
(Juan Domingo Perón フアン=ドミンゴ━) アルゼンチンの軍人、政治家。一九四六年大統領となり独裁政治を行なったが、五五年のクーデターにより失脚し亡命。七三年再び大統領として復帰。(一八九五‐一九七四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペロン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペロンの関連情報

関連キーワード

日清戦争史(年表)深刻小説ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)観念小説リュミエール兄弟文芸倶楽部[各個指定]工芸技術部門

他サービスで検索

「ペロン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.