Rakuten infoseek

辞書

ペルガモン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペルガモン
Pergamon
トルコ西部,ミュシア古代都市遺跡。今日のベルガマ Bergamaにあたる。イズミルの北約 80kmに位置する。少なくとも前5世紀から存在し,前3~前2世紀ペルガモン王国の首都として繁栄(→アッタロス朝)。都市計画に基づいた代表的なヘレニズム都市で,エジプトのアレクサンドリア図書館に次ぐ規模の大図書館が置かれた(→図書館)。発掘は 1878年以来ドイツのカール・フーマン,A.コンツェらによって行なわれ,中断しつつ 1938年まで続けられた。丘の上(→アクロポリス)にゼウス祭壇であるペルガモン祭壇アテナ神殿,トラヤヌス神殿,劇場などの遺跡が残され,特にペルガモン祭壇のフリーズを形成する『神々と巨人の戦い』の浮彫破片は著名(→ペルガモン派)。今日,祭壇はドイツのベルリンにあるペルガモン美術館に復元展示されている。ローマ時代に都市は平野部に広がり,ギムナシオンヘラおよびデメーテルの聖域があった。ヘレニズム文化の景観をよく残しているとして,2014年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ペルガモン(Pergamon)
小アジア北西部スミルナ(現在のイズミル)の北方にあった古代都市。前3~前2世紀ペルガモン王国の首都。ヘレニズム文化の中心地の一。現在のトルコの都市ベルガマ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ペルガモン
田中芳樹原作のSFアニメ「銀河英雄伝説」シリーズに登場する宇宙戦艦。自由惑星同盟軍の第6艦隊旗艦。アキレウス級5番艦。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペルガモン【Pergamon】
小アジア北西部のミュシア地方にあり,ヘレニズム時代に栄えた都市。ペルガモン王国の首都。アッタロス1世の時代,ガリア人に対する勝利を記念して作られた《死のガリア人》《妻を殺し自殺するガリア人》などの群像彫刻(ローマ,カピトリーノ美術館・テルメ美術館)や,エウメネス2世の時代の壮麗なゼウスの大祭壇とそのフリーズを飾る《神々と巨人の戦い(ギガントマキア)》の浮彫(ベルリン,ペルガモン美術館)など,ヘレニズム期ギリシア美術の貴重な遺物の出土で知られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ペルガモン【Pergamon】
トルコ西部、イズミルの北、現在のベルガマにあった古代都市。ペルガモン王国の首都となって以来、ヘレニズム文化が栄えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペルガモン
ぺるがもん
Pergamon
トルコ西端、エーゲ海に面した古代のミュシア地方の都市。海岸から約25キロメートル内陸のカイコス川流域に位置し、ヘレニズム時代に繁栄した。現在名はベルガマBergama。紀元前3世紀の、セレウコス朝から独立したアッタロス家の支配以後歴史が始まる。エウメネス2世のとき小アジアの大部分を領有したが、のちローマ領となり、属州アジアの中心となった。アッタロス家諸王はペルガモンの丘陵に壮麗な都市を建設し、頂上のアクロポリスには城壁を巡らし、宮殿、図書館、アテネ神殿、大浮彫りで知られる「ゼウス神殿の大祭壇」が建設され、エジプトのアレクサンドリアと並ぶ大都市となった。美術でもヘレニズム美術を発達させ、とくに『瀕死(ひんし)のガリア人』『ガリア人とその妻』などの彫像はその代表作である。[糸賀昌昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ペルガモン
(Pergamon) 小アジア西部、イズミル北方の古代都市。紀元前三世紀以降、ペルガモン王国の首都として繁栄。紀元前一三三年ローマ領となり、属州アジアの中心都市として栄えた。ヘレニズム文化の一中心地。現在のベルガマ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペルガモン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペルガモンの関連情報

他サービスで検索

「ペルガモン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.