Rakuten infoseek

辞書

ペリゴール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペリゴール
Périgord
フランス南西部の旧ギュイエンヌ州の地方名。現在のドルドーニュ県大部分ロトエガロンヌ県の一部に該当する。中心都市はペリグーマシフサントラル (中央山地) の南西斜面にあたる台地高原で,農業牧畜が主産業。特産物はトリュフ中世イングランド,フランス両王の間で長く帰属が争われたが,1398年フランスに復帰し,1589年アンリ4世によって最終的にフランス王領とされた。 17世紀初め民衆反乱 (クロカン) が広く展開した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペリゴール【Périgord】
フランス南西部の歴史的地方。今日のドルドーニュ県にあたる。リムーザンと接する北東部の古生代の結晶岩台地や南西部の肥沃ドルドーニュ川の段丘地帯など周辺を除けば,大部分が第三紀の石灰岩の低い台地からなり,ドルドーニュ川とその支流ドロンヌ川,イル川がそれを刻んでいる。 ドルドーニュ川のもう一つの支流ベゼールVézèreの谷は,世界有数の先史時代遺跡宝庫として知られている。レゼジ・ド・タヤックLes Eyzies‐de‐Tayacの町を中心に,1940年に発見された洞窟壁画で有名なラスコーを含む150もの遺跡が散在し,1863年,ラ・マドレーヌ,ロージュリ両遺跡が初めて調査されて以来,20世紀にかけて,これらの遺跡の発掘調査により,旧石器時代中・後期を中心とした人類文明の発展段階が明らかにされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ペリゴール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペリゴールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.