Rakuten infoseek

辞書

ペリクレース

世界大百科事典 第2版

ペリクレース【periclase】
鉱物の一種。化学組成はMgOであるがMgはFe2+により一部置換されているものがある。等軸晶系。主として八面体,ふつう丸みをもった粒状。無色,灰白色,Feを含むものは黄色ないし黄褐色。透明,ガラス光沢。モース硬度5.5。比重3.56。条痕は白色。高温の接触変成作用によってドロマイトCaMg(CO3)2が熱分解して生成するので,ペリクレースは再結晶したドロマイト質石灰岩中に産する。しかし,容易にブルーサイトあるいは含水炭酸マグネシウムに変化するので,天然にはまれな鉱物である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペリクレース
ぺりくれーす
periclase
酸化マグネシウムの鉱物。岩塩構造。緑マンガン鉱などとともにペリクレース系を構成する。自形は立方体、正八面体およびこれらの聚形(しゅうけい)(複合立体)。苦灰岩(くかいがん)の熱変成によりこれを構成する苦灰石のMgCO3の部分だけが熱解離し、ペリクレースと方解石の集合体が形成される。あるいは苦灰岩が火山岩中に捕獲され、高温の熱変成の産物として生成されることもある。原産地イタリアのベスビオ火山のものはこの成因によるものである。日本では岐阜県本巣(もとす)市能郷谷(のうごうだに)から発見されている。
 共存鉱物はブルース石、苦土尖晶石(くどせんしょうせき)(苦土スピネル)、苦土橄欖石(くどかんらんせき)、斜ヒューム石、方解石、苦灰石など。同定は灰色粒状の外観、立方体に割れる劈開(へきかい)、比較的低い硬度、分解生成物であるブルース石の存在による。ペリクレースはブルース石の中に含まれて産することが多い。命名はギリシア語で「周囲(peri)」と「割れる(klao)」を意味する2語の合成による。[加藤 昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペリクレース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペリクレースの関連情報

関連キーワード

エイエフエム図分化指数海水マグネシアACF図オサン式(鉱物化学)ニグリ値ラーセンの変化図エイケイエフ図アダク岩酸化マグネシウム

他サービスで検索

「ペリクレース」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.