Rakuten infoseek

辞書

ペダル

デジタル大辞泉

ペダル(pedal)
ミシン・自転車・ピアノ・オルガンなどの、足で踏んで操作する部分。「ペダルを踏む」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペダル【pedal】
ラテン語のpedalis(足の)が語源で,楽器の演奏操作の一部を足で行うために取り付けられているレバーや鍵などをいう。用途別に区分すると,(1)演奏音域の拡大や多声部操作のための足鍵盤の類。パイプ・オルガンの32鍵鍵盤電子オルガンの13鍵鍵盤など。(2)音色音高などをセットするレバー・ペダルの類。パイプ・オルガン,ハープシコードの音列割当配合用,多段鍵盤結合用など。ハープの音高変化用7本レバー,ティンパニの音高調節用踏板など。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ペダル【pedal】
自転車・オルガン・ピアノ・ミシンなどについている踏み板。ペタル。 -を踏む

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペダル
ぺだる
pedal英語
Pedalドイツ語
pedaleイタリア語
機械装置の一部で、足で操作する機構のこと。ラテン語のpedalis「足の」を語源とする。その使用はさまざまで、たとえば自転車では足でこいで得た動力をペダルから大ギア、チェーン、動輪へと伝えるし、自動車ではアクセル、ブレーキ、クラッチの作動などにペダルを使う。また古くから楽器にも多用され、鍵盤(けんばん)式、踏板式、レバー式などがあり、次のような働きをする。〔1〕発音させるもの パイプ・オルガンやチェンバロのペダル(足鍵盤)、ドラム・セットのハイハット・シンバルや、ベース・ドラムのレバー式ペダル。〔2〕調律用に音高を変えるもの ハープやペダル・ティンパニのペダル。〔3〕音色や音量を変えて表現効果を与えるもの ピアノの右ペダル、ビブラホーン、チェレスタなどのダンパー・ペダル(音の保持と停止)、オルガンのスウェル・ペダル(増音器)、ピアノの左ペダル(弱音)など。[川口明子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ペダル
〘名〙 (pedal)⸨ペタル⸩
① 足で、踏んだり押したりして操作し、機械類を作動させる部品。踏子。踏板。
※魔風恋風(1903)〈小杉天外〉前「ペタルを強く踏んで、坂を登れば」
② 楽器の足で踏む装置の一つ。それを踏むことによって、音を延長したり弱音にしたり(ピアノのペダル)、半音変化させたり(ハープ)、音高を上下させたり(ティンパニのペダル)する機能をもつ。〔モダン辞典(1930)〕
③ オルガンやチェンバロの足で踏む鍵盤のこと。足鍵盤。ペダル鍵盤。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペダル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペダルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.