Rakuten infoseek

辞書

ペガソス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ペガソス
Pēgasos
ギリシア神話の有翼の神馬ポセイドンの種により妊娠していたゴルゴメドゥサが,ペルセウスに首を斬られ殺されたとき,その傷口からクリュサオルとともに出生したという。アテナに助けられた英雄ベレロフォンに捕えられてその乗馬になり,彼にキマイラ退治をはじめ多くの手柄をあげさせた。しかしおごったベレロフォンは,ペガソスに乗って昇天しようとしたため,ゼウスの雷に打たれ落馬して地上に転落し,ペガソスはそのまま天に昇り,最後には星座になったとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ペガソス(Pēgasos)
ギリシャ神話で、翼を持つ神馬。ペルセウスに殺されたメドゥサの血から生まれ、ゼウスの雷の運び手や、英雄ベレロフォンの愛馬として活躍。また、ミューズたちの住むヘリコン山に、(ひづめ)の一蹴りでヒッポクレネの霊泉をわき出させた。のち、天上の星座になったという。ペガサス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ペガソス【Pēgasos】
ギリシア神話の有翼の天馬。英雄ペルセウスに殺された女怪メドゥーサの血から生まれた。のち英雄ベレロフォンの持ち馬となり,怪獣キマイラ退治,女族アマゾンとの戦いに際して主人を助けたが,ベレロフォンが天に上ろうと試みたとき,ペガソスは彼を投げ落とし,みずからはそのまま飛翔をつづけて天の星になったという。詩人の霊泉として有名なボイオティア地方のヘリコン山のヒッポクレネHippokrēnēの泉は,ペガソスが大地を蹴って湧出させた多くの名泉のひとつと伝えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ペガソス
ぺがそす
Pegasos
ギリシア神話の翼をもつ神馬。ヘシオドスは、世界の西の果てオケアノス(大洋)のペガイ(水源)で生まれたためにこの名がつけられたと説明しているが、これはギリシア人が先住民族から受け継いだ名称と考えられている。ポセイドンの胤(たね)を宿していたメドゥサがペルセウスに首をはねられたとき、その切り口からペガソスとクリサオルが生まれ出た。ペガソスは人間の手になる馬銜(はみ)をかませられることはなかったが、泉で水を飲んでいるとき、アテネの神助を得たベレロフォンに捕らえられてその乗馬となった。そして、口から火を吐く山羊(やぎ)の怪獣キマイラや、勇猛なソリモイ人、女戦士アマゾンと戦うベレロフォンを助けた。しかし、ベレロフォンがペガソスを駆って天のゼウスの宮にまで昇ろうとしたとき、ペガソスは傲(おご)れる騎手ベレロフォンを振り落とし、ゼウスのために雷電を運ぶ役目についたとされる。
 ペガソスが蹄(ひづめ)で打った所にヒッポクレネ(馬の井)という泉が湧(わ)き出たという伝説は、ムーサイ(詩の女神たち)の住むヘリコン山をはじめ、ギリシア各地に伝わっていた。ローマ時代にはこの天馬は不死のシンボルとされ、今日ペガスス座にその名を残している。[中務哲郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ペガソス
(Pēgasos) =ペガサス

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペガソス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ペガソスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.