Rakuten infoseek

辞書

ベーダ時代【ベーダじだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベーダ時代
ベーダじだい
Vedic Age
インド古代,アーリア人の侵入から十六大国併立以前までをいう。前 1500~600年頃で,前期はリグ・ベーダ時代で前 1000年頃まで,後期は他のベーダ成立から『ウパニシャッド』の成立までのいわゆるインド文化の原型の完成期。前期は先住民を征服,インダス川上・中流域で半農半牧生活に入るが,政治的には部族長支配が続き,さらにガンジス川とジャムナ川の中間地帯への発展とともに王制小国家の群立時代に入る。この間にインドラ神をはじめ諸神への賛歌ができ,神々の祭祀による除災招福とその司祭者たるバラモン階級の優位が次第に固まる。後期には,ガンジス川中流域への発展につれて農耕社会が完成し,小国家の併合によるクルパンチャーラなどのような国の覇権が強まり,次の十六大国の対立時代を準備する。この間に『サーマ・ベーダ』『ヤジュル・ベーダ』『アタルバ・ベーダ』の3ベーダから『ブラーフマナ』『ウパニシャッド』が成立し,四バルナ (種姓) 制度 (→カースト ) も確立して次の時代に仏教,ジャイナ教が生れる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベーダじだい【ベーダ時代】
インド,ベーダ聖典の成立した時代で,前期,後期の2期に分かれる。(1)前期(前1500ころ‐前1000ころ) 前1500年ころインドに入ったアーリヤ人は,ダーサダスユと呼ばれる黒色,低鼻の先住民を征服しつつ,パンジャーブ地方で牧畜を主とし農業をとする生活を始めた。彼らは自然を神格化した多数の神々を崇拝し,祭火をたき,賛歌と供物をそれらの神々にささげた。やがて祭式を専門にとり行う司祭者も現れ,彼らの手で賛歌集《リグ・ベーダ》が編まれた(前1100から前1000ころ)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ベーダ時代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベーダ時代の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.