Rakuten infoseek

辞書

ベーダーンタ学派【ベーダーンタがくは】

大辞林 第三版

ベーダーンタがくは【ベーダーンタ学派】
インドのバラモン系統の一学派。六派哲学の一。宇宙の創造原理であるブラフマン(梵)を根本とする一元論を主張した。「ブラフマスートラ」を根本聖典とする。開祖はバーダラーヤナ。八世紀にシャンカラが出て飛躍的に発展し、中世以後のインド思想界の主流となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベーダーンタがくは【ベーダーンタ学派】
インド哲学で最も有力な学派。サンスクリットでベーダーンタバーダVedāntavādaという。ベーダーンタは〈ベーダ聖典の終りの部分〉を意味し,ウパニシャッドを指すので,〈ウパニシャッドの学徒(アウパニシャダAupaniṣada)〉とも呼ばれる。 おそらく前3世紀ころまでには,古ウパニシャッドのかなりの部分が作成されたと推定されるが,ベーダーンタ学派ないしその源流と考えられるものも,そのころ成立したらしい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベーダーンタ学派
べーだーんたがくは
Vednta
インドの六派哲学中でもっとも有力な学派。ベーダーンタとは「ベーダ聖典の終わり」「ベーダ聖典の極意(ごくい)」の意味で、本来はウパニシャッドをさしたが、のちにウパニシャッドの体系的解釈を行うベーダーンタ学派の名称となった。本学派は紀元前3世紀ころすでに存在していたと考えられ、ミーマーンサー学派とは姉妹関係にある。後世この学派内部で開祖とみなされるバーダラーヤナが、前1世紀に現れ、解脱(げだつ)とその手段としてのブラフマン(梵(ぼん))の認識を重視して、祭式の実行を重視するミーマーンサー学派との相違を明確にした。5世紀には、本学派の根本聖典『ブラフマ・スートラ』が、現存する形に編纂(へんさん)された。この聖典は、当時有力だったサーンキヤ学派の説く純粋精神と原物質の二元論に対抗して、純粋精神ブラフマンを唯一の世界原因とする一元論を展開した。本書の出現で、ベーダーンタ学派は、ブラフマンの考究を最大の課題とする学派として確立した。その後、大乗仏教の影響を受け、本学派は幻影主義化した。一例をあげれば、7世紀のガウダパーダ作『マーンドゥーキヤ頌(じゅ)』には唯識(ゆいしき)思想の影響が著しい。
 しかし、8世紀前半になると、彼の孫弟子シャンカラが逆に仏教をベーダーンタ哲学に取り込んだ。そのため、ブラフマンと個我と現象世界がともに実在であるとする『ブラフマ・スートラ』の実在論的一元論は、ブラフマンのみが実在で個我と現象世界は幻影であるとする幻影主義的一元論(不二一元論(ふにいちげんろん))へと変容した。また彼は、ブラフマンの認識のみを解脱の手段と考え、行為を否定した。8世紀後半には、バースカラがシャンカラを批判し、伝統的な実在論的一元論と知行併合(ちぎょうへいごう)論の復活を図ったが果たせなかった。11世紀に入ると、ラーマーヌジャが、信愛によるビシュヌ神崇拝の高まりを背景として、ベーダーンタ哲学を実在論の側に引き戻し、行為を再評価した。彼はシャンカラを批判し、ブラフマンと個我・物質世界とはともに実在で、後者は前者の身体であるとする制限不二論(せいげんふにろん)を唱えた。そして、ブラフマンをビシュヌ神と同一視し、神への信愛を説いたが、その信愛は知の色彩が濃かった。12、13世紀には、マドバが、実在論をさらに推し進め、ブラフマンと個我と物質世界はともに実在で、おのおの明確に異なる存在であると主張して、実在論的な別異論を唱えた。14世紀には、ニンバールカが、ラーマーヌジャの影響を受け、ブラフマンと個我・物質世界とはともに実在で、両者は不一不異であると説いた(不一不異説)。そして、ブラフマンをクリシュナ神と同一視し、信愛を本来の情的なものに戻して、いわゆる恋愛的信愛を創始した。15、16世紀には、バッラバが不異説をさらに徹底させた。彼の説は純粋一元論で、ブラフマンと個我・現象世界とは、ともに純粋精神であり不異であるとしている。その後、ベーダーンタ学派は、近代のビベーカーナンダ、タゴールをはじめ多くの思想家に影響を与え続け、現代に至っている。[島 岩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベーダーンタ学派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベーダーンタ学派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.