Rakuten infoseek

辞書

ベンケイソウ科【ベンケイソウか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベンケイソウ科
ベンケイソウか
Crassulaceae
双子葉植物バラ目の1科。世界全域の熱帯から高山帯までに約 35属 1500種が知られるが,特に南アフリカに種類が多い。大部分は多年草で,岩石地や乾燥地に生じ,茎,葉ともに多肉である。また,高山帯などでは多数の個体が一塊になって,クッション状の集合体となることがある。地下に球根状の根茎をもったり,葉の縁に珠芽を生じるなど,栄養生殖の機能をもつものも多い。花は総状などの花序 (→総状花序 ) をなし,個々の花は3,4,5数性,あるいはそれ以上とさまざまである。また,合弁状の花冠をつくるものもある。ベンケイソウ属 Crassula,キリンソウ (マンネングサ) 属 Sedum,カランコエ属 Kalanchoeなど,多肉植物として観賞用に栽培される種類も非常に多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べんけいそうか【ベンケイソウ科】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベンケイソウ科
べんけいそうか
[学]Crassulaceae
双子葉植物、離弁花類。多くは多肉の草本で、葉は対生または互生し、托葉(たくよう)はない。花は集散花序をなし、萼片(がくへん)は3~5枚、花弁は同数、雄しべは同数または2倍数、蜜腺(みつせん)は心皮に対生し、雌しべは一心皮からなり、3~5本、離生または基部が癒合する。オーストラリアを除く全世界に分布し、約20属1200種あり、日本に4属32種分布する。よく知られているものに、イワレンゲ、ミセバヤ、ベンケイソウ、キリンソウ、メノマンネングサ、タコノアシなどがある。[籾山泰一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベンケイソウ科」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベンケイソウ科の関連情報

他サービスで検索

「ベンケイソウ科」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.