Rakuten infoseek

辞書

ベレムナイト

デジタル大辞泉

ベレムナイト(belemnites)
中生代ジュラ紀から白亜紀にかけて繁栄した、軟体動物頭足類に属する海生の化石動物。現生ヤリイカコウイカに類似。外套膜(がいとうまく)に覆われた緻密な石灰質の(さや)が化石として残りやすく、その鏃(やじり)のような形状から、ベレムナイトの化石は矢石(やいし)(箭石)ともよばれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベレムナイト【belemnite】
軟体動物,頭足類に属する絶滅海生化石動物のベレムナイト目Belemnitidaの総称。矢(箭)石(やいし)類ともいう。代表属はベレムニテスBelemnites。ジュラ紀と白亜紀に栄え,第三紀の始新世ごろまで存続した。ベレムナイトの軟体部は,イギリスやドイツのジュラ紀のケツ岩のなかに,腕を含む軟体部の形が周囲の炭化した膜として保存されていたことで明らかにされた。それによると腕の数は6,吸盤の代りに魚の目状のかぎ,墨汁囊(ぼくじゆうのう)もありイカに似ていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベレムナイト
矢石類」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベレムナイト
べれむないと

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベレムナイト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベレムナイトの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.