Rakuten infoseek

辞書

ベルリン国際映画祭【ベルリンこくさいえいがさい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベルリン国際映画祭
ベルリンこくさいえいがさい
Internationale Filmfestspiele Berlin
1951年,当時のベルリン市長 W.ブラントの肝入りで始まった国際映画祭。華やかさにおいてカンヌやベネチアよりやや劣るが,回顧特集などの企画上映は充実しているといわれている。また,コンペティション部門とは別に,革新的な作品を集中上映する「新しい映画の国際フォーラム」という部門などがある。日本映画では,63年に『武士道残酷物語』,2002年に『千と千尋の神隠し』がグランプリの金熊賞を獲得したのをはじめ,『ウンタマギルー』 (89年) がカリガリ映画賞を,『利休』 (89年) が国際アートシネマ協会賞を受けるなど,この映画祭での受賞作品は多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベルリン‐こくさいえいがさい〔‐コクサイエイグワサイ〕【ベルリン国際映画祭】
ドイツの都市ベルリンで毎年2月に開催される国際映画祭。第1回は1951年に西ベルリンで開かれた。最高賞は金熊賞。社会派の作品を採り上げることが多い。カンヌベネチアとともに世界三大映画祭とされる。
[補説]ベルリン国際映画祭で最高賞(金熊賞)を受賞した日本映画
受賞年受賞作品監督名
1963年「武士道残酷物語」今井正
2002年「千と千尋の神隠し」宮崎駿

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の祭り・イベントガイド

ベルリンこくさいえいがさい【ベルリン国際映画祭】
ドイツの首都ベルリンで開催される国際映画祭。カンヌ国際映画祭べネチア国際映画祭とともに「世界3大映画祭」とされる。最高賞はコンペティション部門の金熊賞(Goldener B\"{a}r)。ほかに国際短編映画部門、4歳以上が対象のGeneration Kplus部門、14歳以上が対象のGeneration 14plus部門、パノラマ部門、フォーラム部門などがある。日本の作品も多数受賞している。2002年に宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』が金熊賞を受賞した。第1回が開催されたのは1951年。毎年2月に開催される。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベルリン国際映画祭
べるりんこくさいえいがさい
International Filmfestspiele Berlin
国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭で、カンヌ国際映画祭、ベネチア国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭の一つ。ドイツのベルリンで毎年2月に開催される。1951年、当時のベルリン市長ウィリー・ブラントの肝入りで始まった映画祭。華やかさにおいてカンヌやベネチアよりやや劣るが、企画上映は充実しており、正式参加部門とは別に組まれる回顧特集や、実験的な作品が数多く集まる「フォーラム」部門などで独自性を発揮している。日本映画の受賞は多く、これまで大賞にあたる金熊賞を今井正(いまいただし)の『武士道残酷物語』(1963)と宮崎駿(みやざきはやお)の『千と千尋(ちひろ)の神隠し』(2001)が獲得。銀熊賞では、今井の『純愛物語』(1957)と黒澤明の『隠し砦(とりで)の三悪人』(1958)が監督賞、熊井啓(くまいけい)の『サンダカン八番娼館(しょうかん) 望郷』(1974)が女優賞、篠田正浩(しのだまさひろ)の『鑓(やり)の権三(ごんざ)』(1986)が「非凡な芸術的成果に対する」賞、熊井の『海と毒薬』(1986)が審査員特別賞、東陽一の『絵の中のぼく』(1996)が「突出した個人的業績に対する」賞を受賞。ほかにも小川紳介(おがわしんすけ)の『ニッポン国 古屋敷村』(1982)が国際批評家連盟賞、原一男(はらかずお)(1945― )の『ゆきゆきて、神軍』(1987)と高嶺剛(たかみねごう)(1948― )の『ウンタマギルー』(1989)がカリガリ映画賞、勅使河原宏(てしがわらひろし)の『利休』(1989)と小栗康平(おぐりこうへい)の『眠る男』(1996)が国際芸術映画連盟賞、園子温(そのしおん)(1961― )の『愛のむきだし』(2008)が国際批評家連盟賞とカリガリ映画賞、行定勲(ゆきさだいさお)(1968― )の『パレード』(2010)と瀬々敬久(ぜぜたかひさ)(1960― )の『ヘヴンズ ストーリー』(2010)がともに国際批評家連盟賞を受けている。[奥村 賢]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルリン国際映画祭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベルリン国際映画祭の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎市川崑マキノ雅広木下恵介久松静児ANZUS条約稲垣浩電気事業成瀬巳喜男

他サービスで検索

「ベルリン国際映画祭」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.