Rakuten infoseek

辞書

ベルベル人【ベルベルじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベルベル人
ベルベルじん
Berber
北アフリカのモロッコ,アルジェリアチュニジア,リビア,エジプトにかけて分布するコーカソイド系住民で,ベルベル語を話す人々の総称。古代ローマ人や7世紀のアラブ人の支配を受けたが,12世紀にベドウィン族に侵略されるまでは比較的自律した農耕民であった。現在大部分が定住農耕民となったが,冬に低地で農業を営み,夏に山地で羊の放牧を行う半農半牧や遊牧専従民もいる。麦,大麦,果実,野菜,オリーブ,また牛,羊,やぎ,らばなどが主要産物である。定住民は石造の家に住むが,移牧民は土造とテント造の2つの住居をもつ。アルジェリアやアトラス山脈の村には,ジェマアという成人男子の構成する議会組織がある。遊牧民は終身の首長を有し,移牧民は毎年指導者を選ぶ。預言者や聖者の子孫とされる聖職者をもち,大多数がイスラム教徒である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベルベル‐じん【ベルベル人】
Berber》北アフリカに広く居住する先住民族。ベルベル語を話す。7世紀以降イスラム化・アラブ化が進んだ。ベルベルの名称はギリシャ語バルバロイ(ギリシャ世界の外に住む文明化されていない人の意)に由来する。自称は、高貴な出の人間、自由人の意のアマジグ(複数形イマジゲン)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べるべるじん【ベルベル人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ベルベル‐じん【ベルベル人】
〘名〙 (ベルベルはBerbère) 北アフリカの先住民族。東西はエジプト最西部から大西洋岸のモロッコにかけて、南北は地中海岸からブルキナファソニジェール、チャドにかけて分布。ハム語系。ネグロ・セムの血も混ざる。七世紀以降イスラム化、アラブ化が進んだ。ベルベルの名称はギリシア語の「バルバロイ(=ギリシア世界の外に住む文明化されていない人の意)」に由来する。自称は、高貴な出の人間、自由人の意の「アマジグ(複数形イマジゲン)」。ベルベル族。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルベル人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベルベル人の関連情報

他サービスで検索

「ベルベル人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.