Rakuten infoseek

辞書

ベルニー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベルニー
Verny, François Léone
[生]1837
[没]1908
フランスの海軍技師。慶応1 (1865) 年に幕府に雇用されて来日横須賀造船所建設し,1876年離日。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ベルニー Verny, François Léonce
1837-1908 フランスの造船技術者。
1837年12月2日生まれ。幕府の招きで慶応元年(1865)横須賀製鉄所(のちの横須賀造船所,横須賀海軍工廠(こうしょう))建設のために来日。首長(所長)として建設,経営にあたる。明治2年横須賀観音崎に日本最初の洋式灯台を設置した。9年契約満了により帰国。1908年5月2日死去。70歳。エコール-ポリテクニク卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベルニー
べるにー
Franois Lonce Verny
(1837―1908)
フランスの海軍技師。アルデシュのオブナに生まれる。パリの理工科大学校(エコール・ポリテクニク)卒業後、海軍造船学校を経て造船技師として海軍に入る。1864年中国へ赴任し開港場の寧波(ニンポー)で艦船建造に従事した。1865年(慶応1)に来日、徳川幕府の要請を受け、横須賀(よこすか)製鉄所(のち横須賀造船所、第二次世界大戦まで横須賀海軍工廠(こうしょう))の計画立案から実際の建設指導、さらに経営にも首長として携わった。この間、フランス本国からの技術者派遣を斡旋(あっせん)し日本人への技術伝習に尽力した。1875年(明治8)の解雇後、同所顧問を経て翌1876年帰国した。海軍を辞したあとはサンテティエンヌの鉱山経営に力を注いだ。[藤原恵洋・村松貞次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルニー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベルニーの関連情報

関連キーワード

光の科学史国木田独歩ウェルニーおもなお雇い外国人監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説

他サービスで検索

「ベルニー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.