Rakuten infoseek

辞書

ベルクマンの規則【ベルクマンのきそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベルクマンの規則
ベルクマンのきそく
Bergmann's rule
同種の定温動物において,寒冷地に生活するものは温暖地のものより体が大きい,また近縁の異種間において寒冷地にはより大きな種が分布するという説。ドイツの動物学者 C.ベルクマンが唱えた (1847) もので,これは体重に対する体表面積の割合を減じて,寒地で熱放散を少くするという適応的意味をもつと説明されている。 (→アレンの規則 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べるくまんのきそく【ベルクマンの規則】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベルクマンの規則
べるくまんのきそく
Bergmann's rule
動物の体部の大きさと気候条件の間に存在する規則の一つ。同種の定温動物では寒冷な地方に生息する個体のほうが、温暖な地方に生息するものより体積が大きい現象をいう。ベルクマンにより明らかにされた規則(1847)で、体積が大きければそれだけ表面積が相対的に減少するために、体熱の損失が軽減されるという、一種の適応的現象として説明される。[八杉貞雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルクマンの規則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベルクマンの規則の関連情報

他サービスで検索

「ベルクマンの規則」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.