Rakuten infoseek

辞書

ベネディクツス3世【ベネディクツスさんせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベネディクツス3世
ベネディクツスさんせい
Benedictus III
[生]?. ローマ
[没]858.4.17. ローマ
ローマ出身の第104代教皇在位 855~858)。教皇レオ4世(在位 847~855)の後継として 855年7月に選出された。しかし,フランク帝国(→神聖ローマ帝国フランク王国)の皇帝ルイ2世(在位 850~875)はただちにはこれを承認せず,アナスタシウス対立教皇として擁立した。一時は投獄されたが,皇帝の主張は撤回され,のちに正式に教皇として登位した。フランク帝国の苦難根源は司教らの無為であると叱責し,ローマ教皇権威コンスタンチノープル総大主教よりも上であると主張した。また,846年にサラセン人(→サラセン)に破壊されたローマの教会を修復した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベネディクツス3世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベネディクツス3世の関連情報

関連キーワード

日本文徳天皇実録フォティオス文徳天皇文徳天皇フォティオス文徳天皇文徳天皇清和天皇文徳天皇アナスタシウス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.