Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ヘンティー山脈【ヘンティーさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘンティー山脈
ヘンティーさんみゃく
Hentiyn nuruu
モンゴル北東部にある南西-北東方向の山脈。全長約 250km。東にヘンティーハン山地,西にバガヘンティー山地の支脈がある。標高 1600~2000m。最高点はバガヘンティー山のアスラルトハイルハン峰で 2800m。山容は穏やかで,北面はカラマツ,モミなどのタイガにおおわれ,南面は大部分が草地山間に広い盆地が散在し,古くから遊牧民族の活動の地となった。西部には首都ウラーンバートルがある。ヘルレン川オノン川トール川など多くの河川が源を発する。ジャンチブリン,オノン,ユルーなどの有名な鉱泉や温泉がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘンティー山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘンティー山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.