Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ヘロデ

デジタル大辞泉

ヘロデ(Herod)
[前73ころ~前4]ユダヤの王。在位、前37~前4。キリスト誕生当時専制君主として君臨ヘレニズム文化に心酔し、エルサレム神殿再建猜疑心(さいぎしん)が強く、妻子縁者殺害。キリストを除くためベツレヘム幼児を虐殺したといわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヘロデ【Herod】
前73ころ‐後4
ユダヤ王。在位,前37‐後4年。通常〈ヘロデ大王〉と称される。ユダヤの南に隣接したイドゥメアの出身。ハスモン家の王位継承争いに乗じ,ローマの有力者の援助を受けて王に任命された。生涯,ローマの忠実な属王として全パレスティナの支配を委託されたが,恐怖政治によって異邦人の支配に反抗するユダヤ人を弾圧したため,ユダヤ人からは激しく憎悪された。しかし,冷酷で巧妙な支配によって民衆反乱を防ぎ,大祭司を自由に任免して,ユダヤ人共同体の中心であったエルサレム神殿の運営を掌握した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ヘロデ
(Herode) ユダヤ王(在位前三七‐前四)。通称ヘロデ大王。専制政治を行なう一方、ギリシア・ローマ文化の移入に努め、エルサレム神殿の再建などを行なった。キリスト降誕を恐れてベツレヘムの幼児を多数虐殺したと伝えられる。(前七三頃‐前四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘロデ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘロデの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.