Rakuten infoseek

辞書

ヘルメス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘルメス
Hermes, Georg
[生]1775.4.22. ウェストファリア
[没]1831.5.26. ボン
ドイツのカトリック神学者。いわゆる「ヘルメス主義」の提唱者の一人。ミュンスター大学卒業。 1799年司祭となり,ミュンスター,ボンの各大学神学教授。カントフィヒテの批判主義の影響を受け,カトリック信仰に批判的懐疑をもち,信仰は理性的確実性をもつべきであると主張。この思想は 1835年教皇グレゴリウス 16世によって排斥され,主要著作は禁書とされた。主著"Untersuchung über die innere Wahrheit des Christentums" (1805) ,"Christkatholische Dogmatik" (3巻,34~35) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルメス
Hermēs
ギリシア神話の神。ローマのメルクリウスと同一視された。ゼウスが,アトラスの娘でプレイアデスの一人マイアと交わってもうけた子で,アルカディアのキュレネ山中の岩屋で生れ,その日のうちに早くも盗みの才能を発揮し,テッサリアからアポロンの飼っていた牛の群れの一部をさらってきた。盗みが発覚すると,自分の発明した竪琴をアポロンに与え,代りにアポロンから牧杖をもらって,この二神は大の仲よしになったという。オリュンポスの神々の仲間入りをして神々の伝令役をつとめることになり,同時に盗み,商売,交通,道路,牧畜などの守護神とされ,また死者の魂を冥府に導く「霊魂の導者」 (プシュコポンポス) の役も果すと信じられた。つば広の帽子をかぶり,有翼のサンダルをはき,手に伝令の杖ケリュケイオンを持った美青年の姿に表わされる。ゼウスの命令により,その愛人イオの見張りをしていた百眼巨人アルゴスを退治したことから,「アルゴスの殺害者」 (アルゲイフォンテス) とあだ名された。多くの英雄が,その伝説のなかでこの神の助けを受けたことが物語られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヘルメス(Hermēs)
ギリシャ神話で、オリンポスの十二神の一。ゼウスアトラスの娘マイアとの子。神々の使者を務めるほか、と幸運の神で、商業・発明・盗人・旅行者などの守護神。ローマ神話メルクリウスマーキュリー)にあたる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヘルメス【Hermēs】
ギリシア神話の神。オリュンポス十二神のひとりで,神々の使者をつとめるほか,牧畜,商業,盗人,旅人などの守護神。ローマ人からはメルクリウスMercurius(英語ではマーキュリーMercury)と同一視された。ゼウスと巨人神アトラスの娘マイアMaiaの子としてアルカディア地方のキュレネ山の洞穴で生まれた彼は,誕生早々,ゆりかごを抜け出してアポロンの飼っていた牛の群れを盗み,足跡を消すために牛にわらじをはかせて洞穴へ連れ戻った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ヘルメス【Hermēs】
ギリシャ神話のオリンポス十二神の一。ゼウスとマイアとの子。商売・盗み・賭博・競技・旅人の守護神。富・幸運・使者・道しるべの神。霊魂を冥界に導く役割をももつ。ローマ神話のメルクリウス(マーキュリー)と同一視される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヘルメス
へるめす
Hermes
ギリシア神話のオリンポス十二神の一人。ローマ神話のメルクリウスと同一視された。父はゼウスで、母はアトラスの娘マイア。農牧地帯のアルカディアの石神崇拝から生まれた神らしく、町のヘルメス像は四角な石柱に頭部と男根だけを彫りつけたもので、その原始形態は道の脇(わき)や境界に積んだ石の山(ヘルマという)、あるいはその中心に立てられた男根形の石柱であったと考えられる。家畜の増殖をつかさどることから富と幸運の神、道の神であるところから旅人の守り神、通訳、商業、盗人の神、また夢の運び手、死者の魂を冥界(めいかい)に送り届ける神などとされた。
 伝ホメロスの『ヘルメスへの賛歌』によると、彼は明け方に生まれ、昼に竪琴(たてごと)を発明し、夕方に盗みをはたらいた。すなわち、ゼウスはヘラの目を盗んでアルカディアの山深い洞穴でマイアに産をさせたが、ヘルメスは生まれ落ちるやいなや揺り籠(かご)を抜け出し、冒険に出かける。まず、山にすむ亀(かめ)をみつけて甲羅(こうら)を剥(は)ぎ、羊の腸(ガット)を7本張り渡して竪琴をつくった。そしてギリシアの北の果てまで行き、アポロンの牝牛(めうし)50頭を盗み出す。このとき狡猾(こうかつ)さを発揮して、牛を後ろ向きに歩かせ、自らは木の枝で編んだ妙な靴を履いて追っ手の目を欺くが、ついにアポロンにみつけだされ、牛と竪琴の交換で仲直りする。このほか、ゼウスのお伴や神々の使者として活躍し、ゼウスが怪物ティフォンと闘って手足の腱(けん)を切られたとき、彼は隠された腱を盗み出してゼウスに取り付け、その勝利に貢献した。またゼウスの愛人イオが、ヘラの遣わした百眼の怪物アルゴスに意地悪く監視されているときには、アルゴスを眠らせて殺した。
 ヘルメスの子とされる者は多いが、そのなかにオデュッセウスの祖父で盗みの名人のアウトリコスがいる。また彼には、オデュッセウスの妻で貞女の鏡とされたペネロペイアと通じて牧神パンを生ませたとか、女神アフロディテとの間にヘルマフロディトス(両性具有の神話的形象)をもうけたという奇妙な伝承もある。美術では、つば広帽子をかぶって伝令杖(つえ)を手に、羽根の生えたサンダルを履く軽快な旅人姿で描かれることが多い。[中務哲郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヘルメス
(Hermes)⸨ヘルメース⸩ ギリシア神話中の神。オリンポス一二神の一つ。ゼウスとマイアの子。牧畜・商業・幸運・音楽・競技などをつかさどり、神々の使者をもつとめる。翼のある帽子、翼のある靴、手に小杖を持っている。ローマ神話のメルクリウス(マーキュリー)と同一視される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ヘルメス
Hermes
ギリシア神話のオリンポス12神のひとり
翼のある靴をはいて天を駆ける青年として描かれ,商業・雄弁の神。ローマ神話ではマーキュリー(Mercury)。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルメス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘルメスの関連情報

関連キーワード

ゲーテプガチョフの乱シェリダンワイマールザーヒル・アルウマルブルーメンバハモントゴメリーロイヤル・コペンハーゲン磁器アメリカ独立革命ガルバーニ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.