Rakuten infoseek

辞書

ヘミングウェー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘミングウェー
Hemingway, Ernest
[生]1899.7.21. イリノイ,シセロ
[没]1961.7.2. アイダホ,ケッチャム
アメリカ合衆国の小説家。フルネーム Ernest Miller Hemingway。高等学校卒業後,しばらく新聞記者をしたのち,第1次世界大戦に従軍,イタリア戦線の野戦衛生隊に所属して重傷を負った。戦後『トロント・スター』紙の記者をするかたわら創作を始め,1921年パリにおもむき,F.スコット・フィッツジェラルド,ガートルード・スタイン,エズラ・パウンドらの知遇を得た。戦後の享楽的な青春群像を描いた『日はまた昇る』The Sun Also Rises(1926)により,「失われた世代」の代表的作家と目された。スペイン内乱が勃発すると特派員として赴いたほか,共和派への支援も行なった。『武器よさらば』A Farewell to Arms(1929),『誰がために鐘は鳴る』For Whom the Bell Tolls(1940),『老人と海』The Old Man and the Sea(1952,ピュリッツァー賞)などの小説のほか,ハードボイルド文体を駆使した短編の名手としても知られる。1954年ノーベル文学賞受賞。狩猟,釣り,闘牛を愛し,終始行動的な生活を送ったが,愛用の猟銃で自殺,鬱病のためといわれる。死後,『移動祝祭日』A Moveable Feast(1964),『海流のなかの島々』Islands in the Stream(1970)が出版された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヘミングウェー【Ernest Hemingway】
1899‐1961
アメリカの小説家。イリノイ州オーク・パーク生れ。ハイ・スクール卒業後,短い記者修業を経て第1次大戦末期の1918年,志願して傷病兵の輸送に当たり,イタリアで負傷。帰国後シカゴの作家S.アンダーソン手引きもあって創作に志し,カナダの週刊紙の特派員を務めるかたわら,G.スタインやE.パウンドの助言のもとにパリで執筆に励む。《三つの短編と10編の詩》(1923)および短編集《われらの時代に》(1925)は,医師である父親の手ほどきを受けて北部ミシガンの自然のなかで釣りや猟銃の腕を磨いた少年時代から,戦地死の重傷を負うまでの作者自身の体験を,つとめて抽象化をさけた独特の即物的な文体で描く,切れ味のよい秀作を多数収めている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ヘミングウェー【Ernest Miller Hemingway】
1899~1961) アメリカの小説家。「失われた世代」の内面を描き、その代弁者とみなされた。戦争・闘牛・狩猟など常に死に密着した行動的世界を非情・簡潔な文体で描く。代表作「われらの時代に」「日はまた昇る」「武器よさらば」「誰がために鐘は鳴る」「老人と海」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヘミングウェー
(Ernest Miller Hemingway アーネスト=ミラー━) アメリカの小説家。第一次世界大戦に従軍し、負傷。その経験をもとに「日はまた昇る」「武器よさらば」を発表。死と隣り合わせの現実に敢然と立ち向かい敗北する人間の姿を、簡潔な力強い文体で描いた。他に「誰がために鐘は鳴る」「老人と海」など。一九五四年ノーベル文学賞受賞。(一八九九‐一九六一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘミングウェー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘミングウェーの関連情報

関連キーワード

リジェンダーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)チェーホフ[各個指定]芸能部門童謡誌おてんとさん自動車フィンランディアパテルノストロパブロワ

他サービスで検索

「ヘミングウェー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.