Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ヘボン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘボン
Hepburn, James Curtis
[生]1815.3.13. ペンシルバニア,ミルトン
[没]1911.9.21. ニュージャージー,イーストオレンジ
アメリカ長老派の医療宣教師。日本名,平文。プリンストン大学卒業後,ペンシルバニア大学で医学を修めた。 1841~43年宣教師としてシンガポール,アモイで医療と伝道に従事,帰国して 1845~59年ニューヨークで開業。安政6 (1859) 年来日,神奈川成仏寺に住み,のち横浜で開業,神奈川に施療所を設けた。岸田吟香に眼薬「精き水」の処方を与えて発売させた。慶応3 (1867) 年和英辞書『和英語林集成』A Japanese and English Dictionaryを刊行。 1910年までに9版を重ねたこの辞書は,幕末から明治初期にかけての日本語の重要な資料になっている。なお,第3版 (1886) で採用されたローマ字の綴り方は,羅馬字会の『羅馬字にて日本語の書き方』に従ったもので,これを現在ヘボン式綴り方と呼ぶ。また聖書の日本語訳を同志とともに完成。家塾を開いて洋学を教えたが,その女子部は横浜のフェリス女学院,男子部は東京の明治学院となった。明治学院初代総理となったが,1891年井深梶之譲り,翌年帰国

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヘボン(James Curtis Hepburn)
[1815~1911]米国宣教師医師。日本名、平文。安政6年(1859)来日し、神奈川で医療と伝道に従事するかたわら、和英辞典和英語林集成」を編集、ヘボン式ローマ字を創始。また、新・旧約聖書を和訳し刊行。明治25年(1892)帰国。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ヘボン Hepburn, James Curtis
1815-1911 アメリカの宣教師,医師,語学者。
1815年3月13日生まれ。安政6年(1859)長老派の宣教師として来日,横浜にすみ,診療と英語教育をおこなう。慶応3年日本初の和英辞典「和英語林集成」を出版,この第3版にもちいられたローマ字がヘボン式ローマ字として日本で普及した。明治22年明治学院初代総理,25年帰国。1911年9月21日死去。96歳。ペンシルベニア州出身。ペンシルベニア大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ヘボン Hepburn, Clara Mary
1818-1906 アメリカの宣教師,教育者。
安政6年(1859)長老派教会の宣教医として派遣された夫J.C.ヘボンとともに来日。文久3年横浜に男女共学の英学塾ヘボン塾(のちのフェリス女学院,明治学院)を開設,おおくの俊英をそだてた。明治25年帰国。1906年3月4日死去。88歳。ノースカロライナ州出身。旧姓リート

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ヘボン【James Curtis Hepburn】
1815‐1911
アメリカの宣教医。ヘプバーンが通常の英語読み。漢名は平文。ペンシルベニア州出身。プリンストン大学,ペンシルベニア大学卒業後医師となる。アジア伝道を志し,一時厦門(アモイ)に働く。1859年北長老派ミッションの派遣で来日し,神奈川,横浜で開業し,誠実な人柄と優秀な治療で好評を受ける。かたわら《和英語林集成》(1867)を刊行,これに用いたローマ字は後にヘボン式ローマ字として普及した。また,中国宣教師マッカーティーD.B.McCarteeの《真理易知》にふりがなを付し,伝道文書として刊行(1867)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヘボン
へぼん
James Curtis Hepburn
(1815―1911)

アメリカの長老派宣教師、医師、日本語・日本文化研究者。3月13日ペンシルベニア州ミルトンに生まれ、医学博士となる。1859年(安政6)来日、横浜に住み、医療・教育活動を展開する。大村益次郎(おおむらますじろう)、高橋是清(たかはしこれきよ)などが当時の弟子。1867年(慶応3)に『和英語林集成』(初版はA Japanese and English Dictionary; with an English and Japanese Index、再版からA Japanese-English and English-Japanese Dictionary)を出版する。この第3版(1886)で採用したローマ字方式がヘボン式ローマ字である。またS・R・ブラウンらと聖書を和訳し刊行(新約聖書1880年、旧約聖書1888年)。1889年(明治22)明治学院の初代総理となる。1892年に帰国。1911年9月21日にニュー・ジャージー州イースト・オレンジで没。

[古田 啓 2018年8月21日]

『松村明解説『和英語林集成』(講談社学術文庫)』『高谷道男著『ヘボン』新装版(1986・吉川弘文館)』『望月洋子著『ヘボンの生涯と日本語』(1987・新潮選書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヘボン
(James Curtis Hepburn ジェームズ=カーチス━) アメリカの宣教師、医師。日本名、平文。安政六年(一八五九)来日し、横浜に施療所を開く。日本語を研究し、慶応三年(一八六七)最初の本格的和英辞書「和英語林集成」を出版、明治一九年(一八八六)の第三版(「改正増補和英語林集成」)に使用したローマ字の方式はヘボン式として普及した。聖書の日本語訳にも力を尽くし、明治学院の初代総理となる。明治二五年(一八九二)帰国。(一八一五‐一九一一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

ヘボン
James Curtis Hepburn
1815〜1911
アメリカの宣教師・語学者・医学者
1859年来日。横浜で伝道と医療活動に従事し,ローマ字による日本語の表記法(ヘボン式)を工夫。'67年日本最初の和英辞典『和英語林集成』を完成。また私塾英和学院(現明治学院大学)を開いた。'92年帰国。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘボン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘボンの関連情報

関連キーワード

グリム(兄弟)ラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチナポレオン戦争史(年表)フランス史(年表)国家連合ウィーン会議ルイ[18世]オイレンブルク

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.