Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ヘキソーゲン【へきそーげん】

世界大百科事典 第2版

へきそーげん【ヘキソーゲン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヘキソーゲン
へきそーげん
hexogen

シクロトリメチレントリニトラミンcyclo-1,3,5-trimethylene-2,4,6-trinitramineの慣用名。RDX(research department explosiveの略)、シクロナイトなどの別名でもよばれる。分子式C3H6N6O6、分子量222。第二次世界大戦中に大量に用いられるようになった高性能軍用爆薬。外国では単独で雷管の添装薬として使われている。シクロトールやコンポジションBのようなトリニトロトルエン(TNT)との2成分混合爆薬の成分として炸薬(さくやく)にもっとも多く使われている。爆速は比重1.77で毎秒8700メートル、爆発熱は1キログラム当りおよそ5941キロジュールで、現存する高性能爆薬の一つである。

[吉田忠雄・伊達新吾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ヘキソーゲン
ヘキソーゲン
hexogen

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘキソーゲン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘキソーゲンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.