Rakuten infoseek

辞書

ヘキサン

デジタル大辞泉

ヘキサン(hexane)
炭素数が6個のメタン系炭化水素ガソリン成分の一つで、無色透明液体。5種の異性体がある。化学式C6H14
[補説]異性体は、n-ヘキサンCH3CH2CH2CH2CH2CH3・イソヘキサンCH3CH(CH3)CH2CH2CH3(2-メチルペンタン)・3-メチルペンタンCH3CH2CH(CH3)CH2CH3・ネオヘキサンCH3C(CH32CH2CH3(2,2-ジメチルブタン)・ジイソプロピルCH3CH(CH3)CH(CH3)CH3(2,3-ジメチルブタン)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ヘキサン
 C6H14 (mw86.18).CH3(CH2)4CH3

 溶媒として油脂抽出などに使われる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヘキサン【hexane】
炭素数6個のアルカン(脂肪族鎖式飽和炭化水素)。化学式C6H14。表に示す5種の異性体がある。無色透明で安定な液体。天然ガソリンまたは直留ガソリンの精密蒸留などの操作を経て得られる。化学反応性は弱い。ベンジンの一成分として混合物のまま油脂の抽出溶剤,精油希釈剤,ゴムのり溶剤などに用いられる。【中井 武】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ヘキサン【hexane】
炭素数六個のアルカンの総称。分子式 C6H14 五種の異性体があるが、いずれも無色透明の可燃性液体。有機化合物、特に無極性物質の溶媒として広く用いられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヘキサン
へきさん
hexane
アルカンに属する炭素6個の炭化水素の総称。5種の異性体が知られているが、普通、ヘキサンというと直鎖状のn-ヘキサンをさす。n-ヘキサンは石油エーテルあるいはリグロインの主成分である。無色揮発性の液体で弱いにおいがある。マウスに対する致死量は4万ppm。水銀のかわりに温度計の液体として用いられる。吸入すると気管を刺激する。高濃度では麻酔性を示す。水には不溶。エーテル、クロロホルムに可溶。溶剤として用いられるが、化学的用途としてとくに重要なものではない。[佐藤武雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヘキサン
〘名〙 (Hexan)
① 炭素六個のメタン系炭化水素。化学式 C6H14 五種の異性体がある。無色透明の液体。沸点摂氏五〇~六九度。化学的反応性は乏しい。溶剤として利用する。
② ①のうち枝分かれのないヘキサンをさす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ヘキサン
ヘキサン
hexane

C6H14(86.18).CH3(CH2)4CH3.炭素数6のパラフィンには5種類の異性体が存在する.これら異性体を総称する場合もあるが,そのうち直鎖状のものをとくにヘキサンといい,n-ヘキサンとよばれることも多い.石油系炭化水素の分解油および原油中に存在する.実験室的には,ヨウ化プロピル2分子を金属ナトリウムで縮合させるか,1-,2-,または3-ヘキセンをニッケル触媒などを用いて水素化すると得られる.工業的には,ナフサから精密蒸留によって分離し,ベンゼンそのほかの混在成分を除去精製すると得られる.引火性の無色の液体.融点-95.35 ℃,沸点68.74 ℃.0.65481.1.37226.爆発範囲1.3~6.9体積%.化学反応性は低い.用途はおもに溶剤であるが,混合物のヘキサン留分として各種油脂の抽出用溶剤,精油希釈剤,ゴムのり溶剤などに用いられる.[CAS 110-54-3]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘキサン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘキサンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.