Rakuten infoseek

辞書

プーラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プーラ
Pourrat, Henri
[生]1887.5.7. アンベール
[没]1959.7.12. アンベール
フランスの作家。故郷オーベルニュ地方を背景にした地方主義的な作品を発表。『山の人々』 Les Montagnards (1919) ,『山のガスパール』 Gaspard des montagnes (22~31) ,『3月の風』 Vent de mars (41,ゴンクール賞) などのほか,『民話宝典』 Trésor des contes (13巻,48~62) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プーラ
Pula
イタリア語ではポーラ Pola。クロアチア北西端のイストラ半島南端に位置する港湾都市。2世紀にローマ領となり,ビザンチン,フランク,ベネチア,オーストリア=ハンガリー帝国などの支配を経て,イタリアから旧ユーゴスラビアに帰属し,91年クロアチア領。ローマ時代の遺跡に富み,円形闘技場や市中央高台の古城 (現考古学博物館) は有名。プーラ湾にのぞむ天然の良港には海軍基地と2つの造船所がある。機械,繊維セメント,ガラスなどの工業と並び,観光産業も発達している。人口8万 4583 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プーラ(Pula)
クロアチア西部の港湾都市。イストラ半島の南西端に位置する。古代ローマの植民地が置かれ、交易の拠点として栄えた。皇帝オクタビアヌスの時代に築かれた円形劇場や神殿が残っている。造船業、漁業、ワイン生産が盛ん。また、プーラの北西7キロメートルに浮かぶブリユニ諸島ブリユニ国立公園に指定されている。イタリア語名ポーラ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

プーラ【Pula】
クロアチア西部の都市。イタリア語ではポーラPola。人口6万2000(1991)。イストラ半島南端近くにあってローマ時代から栄えた。12世紀にベネチアの,18世紀末以降オーストリアの支配に入り,1920年にイタリアに編入されたが,第2次大戦後はユーゴスラビアに復帰した。造船所のほか,セメント・ガラス・製薬工場がある。ローマ時代の遺跡に富み,円形競技場(1世紀)は映画祭,歌謡祭,オペラなどに利用されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

プーラ
ぷーら
Pula
クロアチア共和国西部の都市。イタリア語名ポーラPola。イストラ半島の南西端に位置する港町。人口5万8594(2001)。イリリア人が丘陵の上に土塁を築いたことに源を発し、古代ローマ皇帝アウグストゥス(在位前27~後14)の時代にローマの植民地として栄えた。ローマ時代の円形劇場(2万3000人収容)が残り、毎夏ここで映画祭が開催される。造船、ディーゼルエンジン、セメント、金属などの工業が行われる。[漆原和子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プーラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プーラの関連情報

関連キーワード

東京芸術大学120周年国民之友雑誌新島襄ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門オストワルト巨文島事件三大事件建白運動

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.