Rakuten infoseek

辞書

プロピレン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プロピレン
propylene
(1) プロパンから水素原子2個を除いた2価の原子団 -C3H6- 。遊離状態では存在しない。 (2) エチレン系炭化水素の一つ。化学式 C3H6プロペンともいう。弱い刺激性の特臭をもつ無色気体。沸点-47.70℃。石油分解ガスから低温分留するか,プロパンの脱水素によって工業的に多量に生産される。液化石油ガスとして燃料,重合ガソリン製造原料となる。また石油化学製品,たとえばイソプロピルアルコールアセトンプロピレングリコールアリルアルコールグリセリンアクロレインアクリロニトリルフェノールポリプロピレンなどの原料となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プロピレン(propylene)
エチレン系炭化水素の一。特異臭をもつ無色の気体。反応性に富み、重合しやすく、石油化学工業の原料として重要。分子式C3H6 示性式CH3CH=CH2 プロペン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

プロピレン【propylene】
脂肪族鎖式不飽和炭化水素(アルケン)の一つ。化学式CH2=CH-CH3。ナフサの高温熱分解反応によって生産されるほか,石油の接触分解の副産物として得られる。実験室では,イソプロピルアルコールCH3CH(OH)CH3を固体酸触媒上に通し,脱水反応を行わせて製造することができる。エチレンとならんで重要な有機合成化学原料である。
[性質]
 常温・常圧下では気体であり,無色だが,やや臭気をもっている。沸点-47.0℃。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

プロピレン【propylene】
エチレン系炭化水素の一。化学式 CH3CH=CH2 ナフサの熱分解でエチレンとともにつくられる。無色可燃性の気体で、重要な有機合成化学原料。プロペン。メチルエチレン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

プロピレン
ぷろぴれん
propylene
炭素数3個の不飽和炭化水素(アルケンの一種)。プロペンpropeneともいう。合成化学工業ではエチレンとともに重要な化合物である。日本では年間約550万トン生産されている。天然ガス、石油精製の排ガス、ナフサや軽油の熱分解によりエチレンとともに得られる。エチレンと同様に、重合、酸化などの反応を受け、反応活性はエチレンよりも大きい。
 常温では弱い刺激臭の引火性の気体。ポリプロピレン(合成繊維、合成樹脂)をはじめ多くの物質の合成原料として利用される。[徳丸克己]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

プロピレン
〘名〙 (propylene) 炭素数三個のオレフィン系炭化水素。化学式 CH3CH=CH2 特有の弱い刺激臭をもつ無色の気体。石油の分解ガスから分留される。ポリプロピレン樹脂や合成洗剤の原料として重要。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロピレン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プロピレンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.