Rakuten infoseek

辞書

プロコピウス

世界大百科事典 第2版

プロコピウス【Procopius】
326‐366
ローマ帝国の簒奪帝。在位365‐366年。キリキア出身でユリアヌス帝のおそらく母方の血縁者。同帝のペルシア戦役の際に軍司令官となる。同帝死後は一時カッパドキアに隠遁したのちコンスタンティノープルに潜んでいたが,新帝ウァレンスの不在の間に元老院議員,宮廷役人や軍隊の一部を味方につけ,365年9月同市の競馬場において皇帝と宣せられた。ゴートからの支援部隊も得てトラキアビテュニアで勝利を収めたが,自軍の将軍の裏切りにあい,366年5月フリュギアの都市ナコレイア付近でウァレンス帝に敗れ,処刑された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

プロコピウス
ぷろこぴうす

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロコピウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プロコピウスの関連情報

他サービスで検索

「プロコピウス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.