Rakuten infoseek

辞書

プレハブ住宅【プレハブじゅうたく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プレハブ住宅
プレハブじゅうたく
prefabricated house
建築部材の生産加工,部材の組立てまで,工場で行う住宅。現場作業の工程をできるだけ工場生産に切替え,建築作業の能率と精度の向上,費用の低減を目標としている。プレハブとは英語の「あらかじめ組立てる」 prefabricateからきた言葉で,1923年ドイツのバウハウス乾式構造の実験住宅が最初のものといわれる。乾式構造が日本に紹介されたのは 35年頃であるが,第2次世界大戦後,緊急用コンクリート造労務者住宅が造られ,これがコンクリート造プレハブ住宅に発展,50年頃からブロック造住宅の普及となった。 60年代以降,おもに化学・鉄鋼などの建材メーカーらによって開発が行われ,当初は組立住宅と呼んで市販された。またプレハブ住宅の生産戸数はプレキャストコンクリート工法の住宅が主流を占め,なかでも公共住宅の比重が高い。プレキャストコンクリート系住宅に対して木質系,鉄骨系のものを軽量プレハブ,またはハウスプレハブと呼ぶことがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

プレハブ住宅
あらかじめ工場で製作された住宅または住宅を構成する部材・部品などを、現場で所定の位置に組み立てていく方式の住宅。木質系、鉄骨系、コンクリート系などがある。プレハブで建てられた住宅の増改築などは、構造体に関係するものはメーカーの仕様制約を受ける場合がある。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぷれはぶじゅうたく【プレハブ住宅】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

プレハブ住宅
ぷれはぶじゅうたく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プレハブ住宅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プレハブ住宅の関連情報

他サービスで検索

「プレハブ住宅」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.