Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

プルースト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プルースト
Proust, Joseph-Louis
[生]1754.9.26. アンジェ
[没]1826.7.5. アンジェ
フランスの化学者。パリの硝石製造工場の主任薬剤師を経て,スペインに招かれ,マドリードの王立実験所所長 (1799~1806) 。多数の化合物の成分元素の定量分析を行い,起源がどうあれ同種の純粋化合物の成分元素は一定の比率をなすことを証明 (1799) ,J.ドールトン定比例の法則確立に寄与した。定比例の法則をめぐる C.ベルトレとの論争は有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プルースト
Proust, Marcel
[生]1871.7.10. オートゥイユ
[没]1922.11.18. パリ
フランスの小説家。父は医学博士,母はユダヤ系。幼年時代母と祖母に溺愛され,病的ともいえる鋭敏な感受性を示した。早くから上流社交界に出入りする一方,文学に熱中し,優雅な小品を雑誌に発表,ラスキンの芸術哲学に傾倒した。 1903,05年に相次いで両親を失い,持病の喘息が悪化したことを契機に,コルク張りの部屋にほとんどこもりきりになって,7巻 15冊から成る大河小説『失われた時を求めて』 À la Recherche du Temps Perdu (1913~27) を著わした。この作品は,人間の内面の「意識の流れ」を綿密に追うことにより従来の小説概念を大きく変革し,20世紀フランス文学最高の傑作といわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プルースト(Marcel Proust)
[1871~1922]フランスの小説家。独自の手法で、人間存在と外界との相関、意識や記憶本質を追求した長編小説失われた時を求めて」は、20世紀文学に大きな影響を与えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

プルースト【Joseph Louis Proust】
1754‐1826
フランスの化学者。父親の薬局を継ぐべく薬学を学んだが,パリに出て病院の薬剤師となった。しかし,途中の5年間の一時帰国を除き,24年間,スペイン(おもにマドリードとセゴビア)において物理,化学,鉱物学等を教授した。おもな研究はスペイン滞在中になされたが,金属の酸化物,硫化物の定量分析に関するものが多い。帰国後,アカデミー・デ・シアンスの会員となる。現在プルーストの法則として知られている〈定比例の法則〉の発端は,鉄はそれまで考えられていたように,ある範囲内ではどんな割合でも酸素と結合するのではなく,2種の酸化鉄しかないことを確かめたことにある(これは1794年の《ベルリン青の研究》という論文で発表された)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

プルースト【Marcel Proust】
1871‐1922
20世紀文学に変革をもたらしたフランスの作家。父はカトリックで医学界の重鎮。母はユダヤ人の金融業者の娘。反ユダヤ主義が急速に広まった19世紀末フランスでのこの母方家系と,母の過度の愛情が,プルーストの素質決定に大きく作用したと思われる。2歳下の弟は後に父の後を継いで医学を選ぶが,プルーストは幼いときから母に似て文学好きだった。とりわけ9歳のときの激しい喘息の発作以来,生涯にわたりこの病気に悩まされ,そのために人並みの職業につけなかったことも手伝って,やがて彼は文学を天職と見なすようになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

プルースト
[一] (Joseph Louis Proust ジョゼフ=ルイ━) フランスの化学者。ベルトレの説に反対し、二つの元素間の組成変化に定比例の法則があることを証明した。(一七五四‐一八二六
[二] (Marcel Proust マルセル━) フランスの小説家。代表作「失われた時を求めて」で、人間の意識の深みをさぐりつつ、高次な心理・感情・感覚による芸術空間を小説形式で創造し、二〇世紀文学に大きな影響を与えた。(一八七一‐一九二二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

プルースト
プルースト
Proust, Joseph Louis

フランスの化学者.薬剤師であった父親から,後を継ぐため薬学を学んだが,パリに出て化学を学び,サルペトリエールの病院に薬剤師として一時期職を得た.1786年スペインへの2度目の招待を受け,はじめはマドリッドで教えた後,セゴビアの砲兵学校の化学教授となった.このころから,鉄の酸化物の定量分析研究をはじめ,化合物の組成比が変化することはないことを実験によって示そうとした.いわゆる定比例の法則である.そこから,化合物の組成比は可変であるとするC.L. Berthollet(ベルトレ)との論争がはじまった.当時は,結合と混合の定義のあいまいさもあって,定比例の考えはすぐには支持されなかった.1806年にフランスに帰国したが,晩年の1816年になって,ようやくフランス学士会員に選ばれた.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

プルースト
Marcel Proust
1871〜1922
フランスの小説家
長編小説『失われた時を求めて』で,貴族社会の退廃した心理を通じて当時のフランス社会の変移を描き,潜在意識形象化する独自の手法によって人間性の探求新生面を開いた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プルースト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プルーストの関連情報

関連キーワード

ニューカッスル公ネーミア怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)久留米藩大一揆土御門泰邦フレンチ・アンド・インディアン戦争メングスアメリカ合衆国史(年表)地色角ぐむ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.