Rakuten infoseek

辞書

プリンスR380-型I

日本の自動車技術240選

プリンスR380-型I
第2回日本グランプリにスカイラインにて参戦するが、ポルシェに完敗したことから、開発を開始。昭和39年にプリンスR380が完成。昭和40年に谷田部にて7種目・国内速度記録を達成。翌41年、改良型R380-1にて第三回日本グランプリに出場して総合優勝を果たし、二位にもR380が入る。以後昭和43年にはシボレー製5.5LV8エンジンを搭載する新型車R381で`68日本グランプリ総合優勝。翌`69日本グランプリでは自社開発6LV12DOHCエンジン(500ps)を搭載したR382で1、2位を独占する。右写真は`66年第三回日本グランプリでポルシェを破って優勝した砂子義一選手の11号車。保管場所日産自動車(株)座間事業所 (〒228-0012 神奈川県座間市広野台2-5000)
製作(製造)年1966
製作者(社)プリンス自動車工業株式会社
資料の種類その他
現状保存・非公開
車名プリンスR380
モデル名R380-I型
会社名プリンス自動車工業(株)
製作開始年1966
車種・用途競技用車両
実車所在/模型日産自動車・座間
ドア数2ドア
車両重量660kg
バンパーなし
ステップなし
全長3,930mm
全幅1,580mm
全高1,035mm
タイヤサイズ゙前5.00L-15、後6.50L-15
軸距2,360mm
前トレッドx後トレッド1280×1260mm
車高調整なし
ステアリングラック&ピニオン
原動機名プリンスGR8
冷却/気筒配列-/直6
弁機構DOHC
気化器ウエーバー42DC3X3
内径x行程82×63mm
排気量1,996cc
点火系フルトランジスター
最高出力/回転数200ps以上/8000rpm
ハイブリッドシステム形式なし
変速機ヒューランド5速
駆動方式FR
モード燃費-
その他事項足ブレーキ:ガーリングタイプ・4輪ディスク;

出典:社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プリンスR380-型I」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プリンスR380-型Iの関連情報

他サービスで検索

「プリンスR380-型I」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.