Rakuten infoseek

辞書

プリンスセダン AISH-2型

日本の自動車技術240選

プリンスセダン AISH-2型
1952年に発売されたプリンス車のセダン。10名程度のスタッフがわずか1年間で乗用車とトラックの2車種を設計し、これを完成させた。車名については、昭和27年がちょうど皇太子明仁親王の立太子礼の行われる年であったことから、PRINCEと命名した。1954年に行われた第一回東京モーターショーで発表されたAISHが、今の天皇陛下(当時20才の皇太子)の目にとまり、ご愛用いただいた。最高出力は45ps、2速以上は国産車で初のシンクロ機構付きだった。保管場所日産自動車(株)座間事業所 (〒228-0012 神奈川県座間市広野台2-5000)
製作(製造)年1954
製作者(社)富士精密工業株式会社
資料の種類量産品
現状保存・非公開
車名プリンス セダン
モデル名AISH-2型
会社名プリンス自動車工業(株)
製作開始年1954
車種・用途乗用車
実車所在/模型日産自動車・座間
スタイルセダン
ドア数4ドア
乗員6名
車両重量1,254kg
バンパースチール
ステップなし
全長4,290mm
全幅1,655mm
全高1,632mm
タイヤサイズ゙5.90-15-6
前軸I型断面逆エリオット式
後軸半浮動式
軸距2,460mm
前トレッドx後トレッド1303×1340mm
車高調整なし
ステアリングリサーキュレーティングポール
ダンパーレバーロッド
原動機名FG4A-21型
冷却/気筒配列水冷/直4
弁機構OHV
排気量1,484cc
最高出力/回転数45ps/4000rpm
最大トルク/回転数10kgm/2000rpm
過給機なし
可変システムなし
燃料タンク容量40L
ハイブリッドシステム形式なし
変速機4速
駆動方式FR
モード燃費-
参考文献1)『日産自動車社史(1964-1973)』日産自動車、1975年2)プリンス自動車工業社史、
その他事項シャシー重量:688kg;前照灯:2灯;ワイパー:あり;足ブレーキ:油圧式;手ブレーキ:機械式外部収縮式;最終減速:4,625;最高速度:110km/h;

出典:社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プリンスセダン AISH-2型」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プリンスセダン AISH-2型の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生成瀬巳喜男日中関係

他サービスで検索

「プリンスセダン AISH-2型」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.