Rakuten infoseek

辞書

プリンキピア・マテマティカ

世界大百科事典 第2版

プリンキピア・マテマティカ【Principia Mathematica】
A.N.ホワイトヘッドB.A.W.ラッセル共著。3巻。1910‐13年刊行。《数学原理》とも訳される。自然数(基数)は集合によって定義され,これをもとにいっさいの数学(解析学)的命題論理学のことばで述べられ,論理学の原理から導き出されるという,数学基礎論における論理主義立場を実際に行ってみたもの。ここでいう論理学は数理論理学(記号論理学)で,この論理学もこの本で初めて便利に記号化され,欠点はあるがほぼ完全に体系化された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

プリンキピア・マテマティカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プリンキピア・マテマティカの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.