Rakuten infoseek

辞書

プランバナン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プランバナン
Prambanan
インドネシア,ジャワ中部のジョクジャカルタ付近に 10世紀頃建造されたヒンドゥー教遺跡。代表的遺構ロロ・ジョングラン寺院で,ブラフマービシュヌ,シバの3堂から成り,そのうちのシバ堂の上層に表わされた『ラーマーヤナ』の浮彫が注目される。シバ信仰がジャワの国教となった時期の遺構で,ボロブドゥール遺跡とともに世界的に知られている。 1991年世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プランバナン(Prambanan)
インドネシア、ジャワ島中部にある遺跡。ジョグジャカルタの東約15キロメートルに位置する。8世紀から9世紀にかけて建造された、約30ものヒンズー教および大乗仏教の寺院が数キロメートル四方内に点在する。マタラム王朝のピカタン王によって建造されたロロジョングラン寺院には、高さ47メートルのシバ神を祭る神殿があり、古代インドのラーマーヤナ叙事詩の浮き彫りが施されている。1991年に「プランバナン寺院群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

プランバナン
ジョグジャカルタから42kmほどの所にある大乗仏教マハヤナの石造建築物で、ジャワの仏教文化を伝える壮大な遺跡です。同市西方の仏教寺院群ボロブドゥール遺跡と並び、インドネシアを代表する壮大な遺跡となっています。 中でも名高い建築は、856年にサンジャヤ朝のピカタン王によって建造されたシヴァ神殿「ロロ・ジョングラン(細身の乙女)」と呼ばれる中央のシバ堂。ひときわ大きく華麗な雰囲気を放っています。 寺院群は1991年、世界文化遺産に登録されました。 バリ島発着のオプショナルツアー参加が一般的です。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

世界大百科事典 第2版

プランバナン【Prambanan】
インドネシアのジャワ島中部,ジョクジャカルタの東方15kmにある村。その中心にはロロ・ジョングランLoro Jonggrang(別名チャンディ・プランバナンChandi Prambanan)と呼ばれる優れたヒンドゥー教寺院遺跡があり,世界的な仏跡ボロブドゥールとともに双へきをなす。また宮殿のあったラトゥボコの丘や仏教寺院のカラサン,セウ,サリ,プラオサンなど約30の寺院遺跡(チャンディ)が点在している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

プランバナン
ぷらんばなん
Prambanan
インドネシア、ジャワ島中部の古都ジョクジャカルタの東約15キロメートルにある集落。付近一帯の地には8~9世紀に栄えたヒンドゥー教と大乗仏教の遺跡が多数現存し、それらを総称して俗にプランバナン遺跡とよび、インドネシア政府もこの地域一帯を「プランバナン国立史跡公園」とする計画を進めている。遺跡群の中心的存在はチャンディ・ロロ・ジョングラン(チャンディとはインドネシア語で古社寺の意。チャンディ・プランバナンともいう)である。47メートルの尖塔(せんとう)を中心主堂とする大小240棟の堂宇からなる壮大な遺跡で、東南アジアの宗教建築史上でも、最重要な遺構の一つである。[千原大五郎]
『千原大五郎著『インドネシア社寺建築史』(1975・日本放送出版協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プランバナン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プランバナンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.