Rakuten infoseek

辞書

プランク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プランク
Planck, Max Karl Ernst Ludwig
[生]1858.4.23. キール
[没]1947.10.4. ゲッティンゲン
ドイツの理論物理学者。ミュンヘン,ベルリン両大学に学び,H.ヘルムホルツ,G.キルヒホフの指導を受ける。ミュンヘン大学講師 (1880) ,キール大学教授 (85) 。 1889年ベルリン大学に移り,同大学教授 (92) ,同大学総長 (1913) 。プロシア科学アカデミー会員 (1894) ,同書記 (1912) 。ロンドンのロイヤル・ソサエティはじめ諸外国の科学アカデミー会員に選ばれた。カイザー・ウィルヘルム研究所 (第2次世界大戦後,彼の名を記念してマックス・プランク研究所 ) 所長 (30) 。熱力学,ことに黒体の熱放射・吸収の問題を研究し,1900年放射線のエネルギー分布を説明するために,エネルギーはある最小量 (作用量子あるいはプランク定数 ) の整数倍の値を非連続的にとるというエネルギー量子仮説を提唱した。この考えは,その後の量子力学発展の直接のきっかけとなった。また,E.マッハたちの実証主義に対して,実在論的立場から激しい論争を展開したことでも知られている。 18年ノーベル物理学賞受賞。主著『新しい物理学の世界像』 Das Weltbild der neuen Physik (29) ,『物理学的認識への道』 Wege zur physikalischen Erkenntnis (33) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

プランク
欧州宇宙機関(ESA)が2007年に打ち上げを予定しているミリ波サブミリ波観測衛星。名前はドイツの物理学者M.プランクにちなむ。ミリ波サブミリ波の波長域で全天を観測し、宇宙マイクロ波背景放射の性質を詳しく調べる。口径1.5mの電波望遠鏡なので、角度分解能が0.5度から数分角になり、今まで分からなかった背景放射の性質を調べることができる。遠赤外線宇宙天文台(FIRST)とペアで打ち上げられる。
(二間瀬敏史 東北大学大学院理学研究科教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

プランク(Max Karl Ernst Ludwig Planck)
[1858~1947]ドイツの理論物理学者。熱放射を理論的に研究し、プランク定数を導入、量子仮説を提唱して量子論への道を開いた。1918年ノーベル物理学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プランク(Planck)
2009年にESA欧州宇宙機関)が打ち上げた宇宙背景放射探査機。名称はドイツの物理学者M=プランクに由来する。米国のNASA(米航空宇宙局)のWMAP探査機に比べ幅広い帯域で高感度・高分解能の観測を行い、あわせて偏波も検出し、全天地図を作成。温度分布の非対称性や大規模な低温領域の存在、および銀河の磁場構造などを明らかにした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プランク(plank)
板。厚板。
政党綱領の一項目。
フロントブリッジ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

プランク【Max Karl Ernst Ludwig Planck】
1858‐1947
ドイツの理論物理学者。キールの生れ。1874年ミュンヘン大学に入学し,最初は数学を学ぶが,しだいに物理学に関心をもつようになった。1877‐78年の冬および78年の夏ベルリン大学に遊学,H.L.F.vonヘルムホルツとG.R.キルヒホフの講義を聴講,またR.J.E.クラウジウスの論文に出会い,これを機縁に学位論文のテーマに熱力学第2法則に関する理論的問題を選んだ。プランクは第2法則の不可逆過程を自然的過程と呼んだが,第2法則に自然法則の絶対的なものを見いだしていたようである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

プランク【Max Karl Ernst Ludwig Planck】
1858~1947) ドイツの物理学者。熱力学の普遍的な理論化に資する多くの業績をあげたのち、1900年にプランクの放射公式として知られる熱放射のエネルギー分布式を提出。その理論的基礎づけのなかでプランクの定数を導入して量子仮説を提唱、量子論への道を開いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

プランク
(Max Karl Ernst Planck マックス=カール=エルンスト━) ドイツの理論物理学者。熱放射を理論的に研究し、プランクの定数を導入、量子仮説を提唱して量子物理学の理論を開拓した。一九一八年ノーベル物理学賞受賞。主著「理論物理学入門」。(一八五八‐一九四七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

プランク
プランク
Planck, Max Karl Ernst Ludwig

ドイツの理論物理学者.ミュンヘン大学,ベルリン大学では数学や物理学を学び,熱力学第二法則に関する論文によってミュンヘン大学から学位を取得.1880年同大学の講師になり,キール大学員外教授を経て,1889年ベルリン大学に着任,1892年に教授になり,1926年までその地位にあった.不均質系の平衡浸透圧電離などの熱力学的考察にはじまり,熱放射の熱力学的および電磁気学的な本性の研究に進み,古典物理学では熱放射の測定データの理解が困難であることから,エネルギーの離散性の仮説(量子仮説)をもとに正しい熱放射波長分布法則を導き(プランク定数の発見),量子論,量子力学への道をひらいた.かれはA. Einstein(アインシュタイン)の特殊相対論の意義をただちに認め,1913年Einsteinをベルリン大学の教授に招いた.1912年プロイセン科学アカデミー会長,1930年カイザー・ウィルヘルム科学協会会長などの要職を歴任し,ドイツの学界を指導した.エネルギー量子の発見により,1918年ノーベル物理学賞を受賞.カイザー・ウィルヘルム協会は,1948年にかれの功績を讃えてマックス・プランク協会として改称して再建された.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プランク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プランクの関連情報

関連キーワード

ケクレインド大反乱安政の大獄徳川家定開国(日本史)徳川家茂ビュルゲルマクネア快楽亭ブラックイーストレーキ

他サービスで検索

「プランク」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.