Rakuten infoseek

辞書

プランク定数【プランクていすう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プランク定数
プランクていすう
Planck's constant
量子論を特徴づける基本的な普遍定数記号h

h=6.62607015×10-34J・s

ℏ=h/2πをディラック定数と呼ぶことがある。h は 1900年マックス・プランク黒体放射のスペクトル分布を説明するために導入した。量子現象に特有なエネルギー角運動量の不連続性は h が 0でない値をもつためであって,h→0の極限で量子力学古典力学へ移行する。(→原子定数

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プランク‐ていすう【プランク定数】
量子力学における基本定数。記号hで表し、h=6.62607015×1034J・s(ジュール秒)。これを円周率の2倍(2π)で割ったものを換算プランク定数またはディラック定数とよび、記号ħで表すことが多い。1900年、プランクの放射法則を説明するために導入。
[補説]2019年5月20日に施行された国際単位系(SI)の改定において、プランク定数は不確かさのない物理定数となり、質量単位であるキログラムの定義に用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

プランク定数【Planck constant】
量子論における基本的定数の一つで,振動数(波数)とエネルギーを換算可能とする.記号は h.2005年現在で最も新しい数値は6.6260755×10-34Jsである.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

プランクていすう【プランク定数 Planck’s constant】
物理学における普遍定数の一つで,不確定性原理に含まれて量子力学の領域を特徴づける。hで表され,その値は, h=6.626076×10-34J・sである。その次元(エネルギー)×(時間)は,また(運動量)×(長さ)などとも書け,一般に作用の次元と呼ばれるので,hを作用量子ともいう。原子内の電子のエネルギーEは10-17Jの程度で公転時間tは10-16sの程度だから,その積Ethの程度になる。気体分子の運動量pは室温でp~10-24kg・m/sの程度であり,衝突は分子間の距離r~10-10mで起こる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

プランクていすう【プランク定数】
量子論を特徴づける基本定数。記号 h  h =6.6261×10-34ジユール・秒。 h を 2 π で割った =1.0546×10-34ジユール・秒もよく使われる。振動数 ν の光子のエネルギーは h ν 、運動量 p の粒子を表す波動関数の波長は h /p など、量子化によって得られる物理量は h を含んでおり、量子力学によって扱われる。 h が無視できる系に対しては古典力学を適用することができる。作用量子。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

プランク定数
ぷらんくていすう
Planck's constant
量子力学的な現象を特徴づける普遍定数。ドイツの物理学者プランクが熱放射の研究のなかで1900年に発見した。hで表す。その値は現在では
  h=6.62606896×10-34J・s
とされる。hを2πで割ったを用いることも多い。プランクは、光と熱平衡にある荷電振動子(振動数ν)を考え、これは光をエネルギー量子hνずつ放出・吸収するとしたが、その物理的理由は明らかにできなかった。アインシュタインは、νを光の振動数としhνを1個の光量子のエネルギーとしてとらえ(1905)、これが運動量hν/cを担うとした。この考えを物質粒子にまで広げ、粒子と波動の二重性を一般的にエネルギーEと振動数の関係Ehνおよび運動量pと波長λの関係ph/λとしてとらえる端緒をつくったのはフランスのド・ブローイである(1923)。不確定性原理も、この二重性の帰結と考えることができる。量子力学が完成したとき(1926)、これらはすべて次の二つの基本方程式から導かれるものとなった。すなわち、運動量の演算子と座標の演算子の間の正準交換関係
  ih/(2π)
および任意の力学量が時間tとともに変化する方法を定めるハイゼンベルクの運動方程式
  d(t)/dt=(2πi/h)[
から導かれる。は系のエネルギーの演算子である。[江沢 洋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

プランク定数
プランクテイスウ
Planck constant

量子論における基本的定数.記号h基本物理定数の一つで,もっとも新しい数値は

h = 6.62606896(33)×10-34 J s( = ×10-27 erg s).

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プランク定数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プランク定数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.