Rakuten infoseek

辞書

プラハ窓外放出事件【プラハそうがいほうしゅつじけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プラハ窓外放出事件
プラハそうがいほうしゅつじけん
Prážká defenestrace
(1) 1419年7月3日,プラハ市役所の建物の窓からカトリック系の7名の市参事会員が放出された事件。フス戦争 (1419~36) 勃発のきっかけとなった。 (2) 1618年5月 23日,新教派のボヘミアの諸身分の代表者が神聖ローマ皇帝による宗教的自由の蹂躪に抗議してプラハ城内に押入り,皇帝の代官ら3名を窓から放出した事件。三十年戦争 (1618~48) のきっかけとなった事件として有名。 (3) 1948年3月 10日,チェコスロバキア外相 J.マサリクがプラハの外務省の建物の窓から放出された事件を加えることもあるが,自殺説もあり,真相は不明。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラハ窓外放出事件」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プラハ窓外放出事件の関連情報

関連キーワード

ウェンツェルフィリップ[2世]ジャン(無畏公)フィリップ(2世)(ブルゴーニュ公)フス戦争応永の外寇後花園天皇ツォンカパフス戦争ロストック

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.