Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

プトレマイオス3世エウエルゲテス【プトレマイオスさんせいエウエルゲテス】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プトレマイオス3世エウエルゲテス
プトレマイオスさんせいエウエルゲテス
Ptolemaios III Euergetēs
プトレマイオス朝 3代目の王 (在位前 246~221) 。プトレマイオス2世フィラデルフォスの子。恩恵王 (エウエルゲテス) とも呼ばれる。彼については前 245年まで何も知られていない。キュレネ王マガスの娘ベレニケ2世と結婚し,キュレネ地方との結びつきを強化した。登位後,コエレ=シリアトラキア,さらにエーゲ海域にも兵を進めた。またメソポタミアにも向い,みずからチグリス河畔のセレウキアにいたった。しかしエジプトでは凶作内乱が起ったので引返し,父の代からのファイユーム地方の入植を奨励し,先住民の宗教の復興,君主崇拝の強化,アレクサンドリアの文化活動への援助などを推進。プトレマイオス朝エジプトの最盛期を迎えた。彼はまた暦法の改革を行い,前 311年をもってプトレマイオス紀元の元年とし,4年に1回の閏年を導入した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プトレマイオス3世エウエルゲテス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プトレマイオス3世エウエルゲテスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.