Rakuten infoseek

辞書

プトレマイオス1世ソテル【プトレマイオスいっせいソテル】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プトレマイオス1世ソテル
プトレマイオスいっせいソテル
Ptolemaios I Sōtēr
[生]前367/前366/前364. マケドニア
[没]前283/前282. エジプト
プトレマイオス朝の始祖 (在位前 323~285) 。救済王 (ソテル) とも呼ばれる。マケドニアの小地主階級の出身。抜擢されてアレクサンドロス3世 (大王)の近習,近衛兵として常に側近にあり,イラン,バクトリア,インドに転戦し武勲を立てた。大王の死後,「後継者 (ディアドコイ ) 」の一人となり,エジプト,シリア,パレスチナ,アナトリア南部,エーゲ海の支配に成功し,巧妙な外交家としての能力を示し,マケドニア人によるエジプト支配体制を確立。さらに著述家,文化人としても活躍した。みずから王と称したのは前 305/4年以後で,彼が興した王朝はプトレマイオスとも,彼の父にちなんでラゴスとも呼ばれる。彼は大王死後の後継者戦争の間にエジプトを確保し,リビアの東部 (キュレネ地方) ,キプロス,シリアなども政略結婚と何回かの戦い (前 312年のガザの戦い,前 306年のサラミスの海戦,イプソスの戦い) によって勢力圏とした。しかし最後の 15年間は主として平和外交に頼った。基本政策は強力な軍隊による国土の安全保障,一族によるエジプト支配の継承,国土の技術的開発,貨幣制度の導入によるエジプト経済の国際化,先住民の完全な支配 (セラピス神崇拝の確立,先住民の神殿の復興) ,ヘレニズム文化の興隆 (ムセイオンおよび図書館の設置,大王遠征史の記述) などであった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プトレマイオス1世ソテル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プトレマイオス1世ソテルの関連情報

関連キーワード

ウルシヌスウァレンティニアヌス(1世)プロコピウスヨウィアヌスヨウィアヌスインスリノーマ膵神経内分泌腫瘍グルカゴノーマWDHA症候群債権質

他サービスで検索

「プトレマイオス1世ソテル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.