Rakuten infoseek

辞書

プトレマイオス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プトレマイオス
Ptolemaios, Klaudios
[生]100頃
[没]170頃
2世紀頃活躍したギリシアの天文学者,数学者,地理学者。英語ではトレミー Ptolemyという。アレクサンドリアで天文観測を行なった。生地はプトレメイス・ヘルミイといわれる。彼以前の天文学研究の集大成『アルマゲスト』を著し,地球中心の宇宙体系と,離心円,周転円の組み合わせで諸惑星の運動を説明する精密な天文学理論を完成させた。特にエカントと呼ばれる工夫を導入することにより,従来の理論の精度を飛躍的に向上させた。またヒッパルコスの星表を発展させ 1000以上の恒星を含む星表を作成した。彼の天文学理論はその後 16世紀にいたるまで絶大な影響を残した。幾何学者としても優れており,三角法の研究,精密な弦の表の作成,射影幾何学,空間の次元論,平行線公理の研究などが知られる。また地理学上の業績は大著『地理学便覧』から知られ,ヒッパルコスの業績を発展させ,地中海沿岸諸国各地の経緯度を定めた地図を作成したほか,地図の円錐投影法,天体観測に基づく補正法などを示し,後代に長く影響を与えた。ほかに光の屈折理論などを扱った光学や,音楽の研究も残しており,力学の研究も行なったといわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プトレマイオス(Klaudios Ptolemaios)
2世紀ごろのギリシャの天文・地理学者。天文学書「アルマゲスト」を著し、天動説を完成。また緯度・経度を用いた地図を作り、数学・音楽などの研究も行った。英語名トレミー。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

プトレマイオス【Ptolemaios Klaudios】
2世紀ころ
アレクサンドリアで活躍した数学者,天文・占星学者,地理学者。ラテン名Ptolemaeus Claudius。英語読みのトレミーPtolemyとしても知られる。127‐141年にアレクサンドリアで天体観測をしていたという事実以外に,個人的情報はほとんど知られない。その主著《アルマゲスト》は地球中心体系に基づくもっとも精緻(せいち)な天文理論として,コペルニクス時代まで,古代,ビザンティン,イスラム,中世ヨーロッパの天文学の中心となったが,このほか,天文書としては,《アルマゲスト》のなかの計算用の数表だけをまとめた《簡易数表》,大部な《アルマゲスト》の縮冊版ともいうべき《惑星仮説》,あるいは占星術的内容をもった《テトラビブロス》(原題は〈占星術上の意味付け〉を意味するアポテレスマティカだが,4巻からなるので,テトラビブロス=四書と通称される)などのほか,地理学書としての《地理学入門》や音楽学・音響学書といえる《ハルモニア論》,純粋の数学書(例えば《ストイケイア論》)や光学(視覚学)に関する著作などがあったといわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

プトレマイオス【Ptolemaios Klaudios】
二世紀頃のギリシャの天文学者・地理学者・音楽理論家。ヒッパルコスの研究成果を集大成し、のち「アルマゲスト」として知られる「天文学大系」を著した。また、緯度・経度をしるした世界地図を作成し、「音階論」も残す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

プトレマイオス
ぷとれまいおす
Klaudios Ptolemaios
2世紀前半に活躍したギリシアの天文学者。天動説の完成者。英語ではトレミーPtolemyとよぶ。伝記も残らず生没年は不詳。彼の名は、著書『数学大集成』(アルマゲスト)をはじめとする業績によって知られている。『アルマゲスト』は、ルネサンスまで、西洋の宇宙観を支配したが、そこに構想された宇宙像は、周転円説といわれる構造体系であって、ピタゴラスの等速円運動と、エウドクソスの離心円と、アポロニオスの周円転とを合成したものであった。
 プトレマイオスはもっぱら惑星現象における位置と光度との変化を幾何学的に説明することを試みた。その思考方法も観測資料も、紀元前2世紀にロードス島で活躍した天文学者ヒッパルコスの業績を受け継ぎ、取り入れたといわれるが、独自に三角法の計算表を作成したり、四分儀をはじめとする観測器械を考案したり、月の運行の不等速や光の屈折や大気差などの観測、発見も行っている。
 このほかにプトレマイオスには『地理学』と『テトラビブリオス』(四元の書)なる著述がある。前者には緯度・経度を付した円錐(えんすい)投影図法の地図が描かれ、後世、コロンブスの航海に用いられた。また後者は占星術の原典として中世を経て、今日に至るまでその分野では使用されるという。なお、彼の自然に対する哲学思想は諸先達の折衷学派に属する。[島村福太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

プトレマイオス
(Ptolemaios Klaudios ━クラウディオス) 二世紀中頃のギリシアの天文学者・地理学者。アレクサンドリアで初めて天文観測を行なった。天動説に基づいた、数理天文書「アルマゲスト」を著わした。生没年不詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プトレマイオス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プトレマイオスの関連情報

関連キーワード

ナタリー コーグリンナタリー コーグリンマイケル フェルプスラノミ クロモビジョヨ期待値ラノミ クロモビジョヨシェリー・アン フレーザー・プライスネーサン エードリアンジェシカ シッパーダラ トーレス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.