Rakuten infoseek

辞書

ブログ【ブログ】

知恵蔵

ブログ
ウェブの一種。日記のように、情報を時系列に記載していき、そこに他人がコメントを付記していくことで形作られる。技術に詳しくない人でも簡単に作れ、毎日情報更新ができること、自分の思いを表現しながら、他人と意見交換を行えることが特徴。
(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

パソコンで困ったときに開く本

ブログ
日記形式のウェブサイトのことです。簡単に利用できるため、人気があります。「ウェブを使ったログ」を意味する「ウェブログ」を縮めたもので、和製英語ではないので海外でも「ブログ(もしくはブロッグ)」で通じます。
⇨WWW、トラックバック、ログ

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

朝日新聞掲載「キーワード」

ブログ
インターネット上で日々の出来事を書く「Web日記(Weblog)」が語源とされる。英語名の後半部分が通称となって名前が定着した。読み手が記事に意見や感想を書き込むことができる機能や、自分のブログでその記事への意見などを書いた場合、記事を参考にしたことを知らせる機能もある。総務省によると、08年3月末の登録件数は868万件。
(2007-01-23 朝日新聞 朝刊 静岡全県 2地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ブログ(blog)
《ウェブ上の記録を意味する「ウェブログ」の略》個人の日記などを、簡便な方法で作成し、公開することができるウェブサイト総称。パソコンだけではなく、携帯電話などを使って更新できるものもある。ブログサービス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集

ブログ
ウェブログ(weblog)」を略した言葉で、「Web上に残される記録」というような意味を持つ。個人や数人のグループで運営され、日々更新される日記的なWebサイトの総称。

出典:(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ブログ【blog】
意見や感想を書き綴ったり、撮影した写真などを掲載したりする日記的なウェブサイト。簡単に作成・公開できるアプリケーションソフトやサービスがあり、日本では平成14年(2002)頃から広まった。多くのブログには、記事に対する感想を書き込めるコメント機能、他のブログの記事と連携できるトラックバック機能、内容を要約して配信するRSS機能などがある。◇「web(ウェブ)」と「log(記録)」の混成語「weblog」から。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ブログ【blog】
〔ウェブ(web)とログ(log)を合わせたウェブログ(weblog)の略〕
個人が身辺の出来事や自分の主張などを日記形式で書き込むインターネットのサイトやホーム-ページ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブログ
blog
インターネット上に公開されたホームページの一つ。ウェブログ Weblogの略称で,ウェブはワールド・ワイド・ウェブ WWW,ログは記録を意味する。ブログを制作・公開する者をブロガー blogger,ブロガーによって構成されている世界をブロゴスフィア blogosphereという。HTMLなどの専門知識なしで簡単に設置・運営できるため,個人で開設し,頻繁に更新される場合が多い。世界のニュースや身近な出来事に対する意見,感想,行動の記録などを日記形式で発信し,それを見た者がコメントを書き込むことで,双方向的な意見交換ができる。また,ほかのブログに関連記事がある場合,この記事へリンクし相互に参照できる,トラックバックという機能を備える。始まりは 1997~99年頃で,特に 2001年のアメリカ同時テロを機に認知されるようになった。日本では 2003年頃から広がったといわれる。なかには社会的な役割を担うものも登場し,情報の信頼性が確保されることによってジャーナリズムの新しい領域を開くことが期待された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブログ
ぶろぐ
継続して更新される日記形式のウェブサイト(ホームページ)の総称。また、そうした個人の日記形式のサイトを公開するためのソフトウェアや、それを使ったサービス名称をもいう。ウェブログweblog(「ウェブ上に残される記録」の意)が短縮されブログと称されるようになった。
 1990年代後半から個人の日記を公開するウェブサイトが増え始め、そうしたウェブログ作成の支援サイト、専用ツールが登場したこともあってブログが続々と開設され、ウェブサイトの一形態として一般化した。ブログが広まった背景には、インターネットの普及により、多くの人々に対しマスメディアを通さずに、個人の意見や専門的な知識を伝えることができるようになったことがある。とくにアメリカでは2001年9月の同時多発テロをきっかけに急速に広まったといわれる。
 内容は政治・社会問題に言及するジャーナリスティックなものから、個人的に興味のある、いわば趣味的な話題に関するもの、日々の雑感を記した日記風のものなど多様である。定期または不定期に更新され、時系列配置で最新の記事がトップに表示される。
 ブログ作成用ツールが登場するまで、個人でインターネットのホームページをもち、日記のように日々のできごとなどをつづるためには、HTMLというウェブ表示用のマークアップ言語を学習しなければならなかった。また、写真などを表示させるためにはある程度の技術知識が必要であった。しかし、ブログツールを使ったり、ブログ専門サイトに登録すればそうした技術的な知識がいっさい不要になり、コンテンツ(記事内容)だけを書いたり、写真をサーバーにアップロードするだけで、簡単にホームページを作成することができる。携帯電話などのモバイル端末からの更新も容易にできるようになった。また、特徴的な機能としてトラックバックという仕組みが用意されている。従来のホームページでは、他のホームページにリンクをつけてもらいたければ、相手のホームページ所有者に依頼して自分へのリンクを設定してもらわなければならなかったが、トラックバックではリンクされたい側が自分でブログサイトに対してリンクを設定できるようになっている。この仕組みがあることで、関連する話題を扱うブログサイトどうしがリンクされあうことになり、情報へたどりつくための方法が変わることになった。
 ブログソフトウェアで有名なものの一つにアメリカ・シックス・アパート社が開発したMovable Type(ムーバブルタイプ)というものがある。自分でサーバーをもち、インストールするなど、作動させるまでには技術的な知識も必要となるが、最近ではインターネットサービスプロバイダー(ISP)がムーバブルタイプを使ったブログサービスを開始していて、だれもが簡単に参加できるようになっている。[中島由弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

ブログ
ウェブログ(weblog)の略で,ブログツールを用いて記事を日記形式で投稿,公開する一種の電子掲示板.従来の掲示板とは,〈1〉トップレベルの投稿は管理者のみ(閲覧者はフォロー記事しか投稿できない),〈2〉他のブログの記事との相互リンクが可能(トラックバック機能),〈3〉投稿日による管理が容易,〈4〉携帯電話やPDAなどからの投稿が容易などの点で異なる.一般のウェブページに比べるとレイアウトなどは相当制限されるが,ウェブブラウザから書き込むだけでたやすく投稿,更新ができる.日本では個人のウェブ日記が多いとされる.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブログ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブログの関連情報

関連キーワード

大坪千夏及川健岡本玄介

他サービスで検索

「ブログ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.