Rakuten infoseek

辞書

ブルックナー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブルックナー
Bruckner, (Josef) Anton
[生]1824.9.4. アンスフェルデン
[没]1896.10.11. ウィーン
オーストリアの作曲家,オルガン奏者。聖フローリアン修道院の少年聖歌隊員として教育を受けたのち,1851年同院の,56年リンツ大聖堂のオルガン奏者。 56~61年ウィーンで S.ゼヒターについて学び,68年その後任としてウィーン音楽院教授,75年ウィーン大学の和声と対位法の理論講師となる。作曲は 40歳を過ぎてから始めたが,ブラームス対ワーグナーの抗争に巻込まれ,批評家 E.ハンスリックの妨害,新聞の嘲罵を受け,『第7交響曲』の成功 (1884,A.ニキシュ指揮,ライプチヒ) を除き生前は妥当な評価を得なかった。彼の作品が世界的に評価されたのは第1次世界大戦後のことである。作品は,ミサ曲や交響曲9曲 (第9交響曲は未完) のほか,『テ・デウム』 (84) ,『弦楽五重奏曲』 (78~79) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブルックナー(Josef Anton Bruckner)
[1824~1896]オーストリアの作曲家。ワグナーに傾倒し、ロマン主義古典主義を調和させた交響曲ミサ曲などを作曲した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

ブルックナー
オーストリアの作曲家。少年の頃に、いとこのヴァイスに和声やオルガンの奏法を学んだ。10代の時に父親を亡くすと、ザンクト・フローリアン修道院で少年聖歌隊の一員として育ち、オルガニストのカッティンガーの ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

ブルックナー【Anton Bruckner】
1824‐96
オーストリアの作曲家。教育者を父としてアンスフェルデンに生まれ,敬虔なカトリック信仰の環境に育った。幼少よりオルガンなどの楽器に親しみ,11歳で作曲を試みた。1837年ザンクト・フロリアン修道院合唱児童を皮切りに,55年までにオーバーエスターライヒ各地で助教師,オルガン奏者を務めるかたわら,音楽理論を学んだ。ザンクト・フロリアンの臨時オルガン奏者に続いて,56年リンツ大聖堂オルガン奏者の要職に就き,68年まで教会音楽家,合唱指揮者として活躍。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブルックナー【Josef Anton Bruckner】
1824~1896) オーストリアの作曲家・オルガン奏者。ロマン派を代表する一人。ワグナーの作風を徹底的に追求しながら交響曲と宗教音楽の分野で独自の世界を展開した。主要作品は一一曲の交響曲、数曲のミサ曲など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブルックナー
(Josef Anton Bruckner ヨーゼフ=アントン━) オーストリアの作曲家。一一の交響曲やミサ曲などで、神秘思想の要素をもつ力強い作風を開拓した。(一八二四‐九六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルックナー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブルックナーの関連情報

関連キーワード

ウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たちルイアルペッジョーネシャルル[10世]マクドナルドマクレービルマ戦争グアダルペ・ビクトリアパーマー

他サービスで検索

「ブルックナー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.