Rakuten infoseek

辞書

ブルジョア憲法【ブルジョアけんぽう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブルジョア憲法
ブルジョアけんぽう
憲法をその歴史的背景と内容に即して分類した場合の一つで,近代市民革命 (ブルジョア革命) を契機に成立した憲法およびその系譜に立つ憲法のこと。アメリカ合衆国憲法や 1791年のフランス憲法がその典型。国民主権,権力分立および自由権を中心とする人権保障 (なかでも財産権をはじめとする経済的自由権の保障が重要な意義をもつ) を中心的な構成原理とする。その後,19世紀末から 20世紀にかけての資本主義体制の矛盾の顕在化に直面して一定の福祉主義的な変容を受けるが,日本国憲法を含めていわゆる西側諸国の憲法は基本的にはこの系譜に立つ。 (→社会主義憲法 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルジョア憲法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブルジョア憲法の関連情報

他サービスで検索

「ブルジョア憲法」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.