Rakuten infoseek

辞書

ブリトン人【ブリトンじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブリトン人
ブリトンじん
Britons
イギリスの先住民族。ケルト系。前5~3世紀に大陸よりブリテン島に渡来。ローマ人によりプリタニ (入墨を施した者) と呼ばれたが,当時対岸の北ガリアに居住するブリタニと混同され,ブリタニ (ブリトン人) と呼ばれるにいたった。1世紀以降ローマに征服され,5世紀なかば以後アングロ・サクソン人に征服された。現在ウェールズコーンウォールスコットランド,北フランスのブルターニュに住む人々の祖先。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブリトンじん【ブリトン人 Britons】
インド・ヨーロッパ語系諸族のうちのケルト人の一派でキムリ人Cymryともいう。前4~前2世紀にヨーロッパ大陸からグレート・ブリテン島南部に移動し,多数の小部族王国をつくって定着した。ブリタニア(ブリテン島)の名は彼らに由来する。紀元1世紀半ば以後ローマの支配に服し,5世紀前半ローマの衰亡とともに再び自立したが,5世紀半ば以後,アングロ・サクソン人の侵入に圧せられて,西部に居住する者を除いてその支配下に入った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブリトン人
ぶりとんじん
Britons
ブリテン島のケルト系先住民の総称。旧石器時代より人類生息の跡があるが、紀元前3000年ごろイベリア半島から南西イギリスへ巨石文化を伴う新石器文化をもった人々が渡来し、前1800年ごろビーカー型の土器を用いる原ケルト系のビーカー人がラインラントから青銅器文化をもたらした。さらに前7世紀にハルシュタット文化、前4世紀にラ・テーヌ文化という鉄器文化をもつケルト人が渡来。前1世紀にはローマ文化の影響を受けたケルト系ベルガエ人Belgaeが優秀な鉄器文化をもって南東イギリスに渡来、建国した。本来ベルガエ人をブリタニBritanniとよび、ブリテン島の住民をプレタニPretaniとよんでいたが、ローマの将軍カエサルがガリア遠征のときブリテン島を「ベルガエ人(ブリタニ)の島」とよんでから、ブリテン島の住民をブリタニ、すなわちブリトン人とよぶようになる。5、6世紀、ゲルマン民族の一派アングロ・サクソン人が移住してきたとき、ケルト系ブリトン人はウェールズ、アイルランド、スコットランドに追われたが、一部は北西フランスに渡って今日のブルターニュ地方を形成した。[富沢霊岸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリトン人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブリトン人の関連情報

他サービスで検索

「ブリトン人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.