Rakuten infoseek

辞書

ブリタニキュス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブリタニキュス
Britannicus
フランスの劇作家ジャン・ラシーヌ悲劇。5韻文。 1669年 12月 13日,オテル・ド・ブルゴーニュ座初演。翌年刊。タキツスの『年代記』に拠るローマ史を題材に,暴君ネロが悪に傾く危機をとらえて,権勢欲と野心と盲目的愛情の渦巻く絶望的な世界を描き出す。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブリタニキュス(〈フランス〉Britannicus)
ラシーヌによる悲劇。1669年発表。古代ローマ史を題材とする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブリタニキュス【Britannicus】
フランスの劇作家J.ラシーヌの第5作。5幕の韻文悲劇。初演は1669年12月,ブルゴーニュ座。悲劇《アンドロマック》(1667)の驚異的成功によって新進悲劇詩人としての地位を築いたラシーヌであるが,大コルネイユを中心とする旧世代からは,甘い恋愛悲劇しか書けぬ詩人という批判が絶えなかった。《ブリタニキュス》は,素材をタキトゥス《年代記》によるローマ史に取り,政治悲劇としてコルネイユ以上にコルネイユ的悲劇を書くことによって,そのような批判に応じようとした作品である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニキュス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブリタニキュスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.